MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

西日本ロードクラシック 広島大会


2014.6.21-22
第48回 JBCF 西日本ロードクラシック 広島大会
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第9戦
 ●Jエリートツアー第17戦
 ●Jフェミニンツアー第15戦
 ●Jユースツアー第2戦

7/25 松山聖陵高等学校からの連絡について
西日本ロードクラシック広島大会の出走リス トについて、
松山聖陵高等学校所属選手の出走不可を一時掲示いたしましたが、
監督から本件は「選手個人に一切の責任は無く、参加料遅延原因の全責任は監督にあった」
との申し出がございましたので、ご報告いたします。


【大会リポート】

Jプロツアー第9戦 『第48回JBCF西日本ロードクラシック広島大会』

日付 2014年6月21日、22日
会場 広島県中央森林公園サイクリングコース
距離 全長12.3km/12周(JPT)

【Jプロツアー】6/22

畑中勇介が鈴木真理を下して連覇達成

JBCFの主催するロードレースで2番目に高いレースレイティングAAの本大会は、阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)の1周目からの逃げで始まる。メイン集団はチーム右京を中心に差を1分までにコントロール。阿部の逃げはじつに10周目前半まで続き、吸収後の10周目後半から入部正太朗(シマノレーシング)と増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が逃げる。

最終周回、ラスト5kmで畑中勇介(シマノレーシング)が2人に合流、さらに鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)と野中竜馬(シマノレーシング)が合流し、先頭はシマノレーシング3人と宇都宮ブリッツェン2人に。展望台への上りで入部がペースアップし4人に。ゴールまで400mの並びは増田、入部、鈴木、畑中の順。鈴木がスパートしたがゴール手前で畑中が並び畑中がわずかに先着。畑中が昨年の本大会に続いて連覇を達成した。

結果
P1クラスタ 12.3km×12周(147.6km)
1位 畑中勇介(シマノレーシング)3時間45分21秒
2位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)
3位 入部正太朗(シマノレーシング)+03秒
4位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+06秒
5位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)+30秒
6位 佐野淳哉(那須ブラーゼン)+31秒

Jプロツアーリーダー ガルシア・リカルド(Team UKYO)
U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

【Jフェミニンツアー】6/22
結果
Fクラスタ 12.3km×3周(36.9km)
1位 パターソン・ジル(Team ASAHI)1時間06分16秒
2位 吉川美穂(Team ASAHI)+1分38秒
3位 星川恵利奈(Team ASAHI)+1分39秒

Jフェミニンリーダー 棟近陽子(EURO-WORKS Racing)

【Jユースツアー】6/21
結果
Y 49.2km
Yクラスタ 12.3km×4周(49.2km)
1位 日野竜嘉(松山聖陵高等学校)1時間19分51秒
2位 大町健斗(チームサイクルプラス)+37秒
3位 藤田拓海(横浜高校自転車競技部)+1分19秒

Jユースツアーリーダー 藤田拓海(横浜高校自転車競技部) 


hiroshima

100kmを逃げ続けた阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)

hiroshima

メイン集団はチーム右京がコントロール

hiroshima

活性化したメイン集団は、清水都貴(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)や佐野淳哉(那須ブラーゼン)らが仕掛ける

hiroshima

ラスト3km、先頭はシマノレーシング対宇都宮ブリッツェンに

hiroshima

畑中勇介(シマノレーシング)が大会連覇を達成

hiroshima

Jプロツアー 表彰

hiroshima

Jプロツアーリーダー ガルシア・リカルド(Team UKYO)、U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

hiroshima

Jフェミニンツアー 14名がエントリーの女子は雨中のレースに

hiroshima

Jフェミニンツアー パターソン・ジル(Team ASAHI)が独走で優勝

hiroshima

Jフェミニンツアー 表彰

hiroshima

Jユースツアー表彰

hiroshima

Jユースツアー 最終周回は日野竜嘉(松山聖陵高等学校)と大町健斗(チームサイクルプラス)の一騎打ちに

hiroshima

Jユースツアー 表彰

hiroshima

アクアブルージャージは藤田拓海(横浜高校自転車競技部)がキープ

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟  

 




6/21 コミュニケ-2を掲載
6/20 コミュニケ-1を掲載
6/19 JPT優先駐車について
(1) JPTの優先駐車は全チーム(TeamJBCFは 除く)認める
(2) 並び順は現時点でのチームランキング順とす る
 1-宇都宮ブリッツェン
 2-Team UKYO
 3-シマノレーシング
 4-那須ブラーゼン
 5-マトリックスパワータグ
 6-CROPS × championsystem
 7-イナーメ信濃山形
 8-シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA サイクリングチーム
 9-ロヂャースレーシングチーム
 10-なるしまフレンド レーシングチーム
 11-NEILPRYDE-MENS CLUB PRO CYCLING
 12-JP SPORTS TEST TEAM-MASSA-ANDEX
 13-エルドラード東北
 14-斑鳩アスティーフォ
 15-VC Fukuoka
 16-GRUPPO ACQUA TAMA
 17-湘南ベルマーレ
 18-FIETS GROEN
 19-ウォークライド・シクロアカデミア
 20ブリヂストン アンカー サイクリング チーム
(3) 駐車場所はホームストレートの道路左端、表彰ス テージ側から1位から順に並べる
(4) 駐車面積 は7m x 7mとする
(5) 事務局指定の駐車券をフロントガラスの内側に掲示すること
以上

6/19 コースマップ等を掲載
6/19 【ユーストリームによるライブ配信について】
6/21(土)14:00〜15:40頃 Jユースツアーのライブ(テスト)配信。
6/22(日)7:30〜P1終了(表彰含む)までライブ配信予定。7:30からのE2、FはFを中心に配信します。
なお、通信インフラストラクチャーの問題および入り組んだ地形により、電波状態が非常に悪い為、画像が乱れる事があります。
(リンク先)第48回JBCF西日本ロードクラシック2014

6/11 レーサーリスト(6/21_JYT)レーサーリスト(6/22)を掲載
6/10 エントリ―締切
5/30 実施要項を掲載し、エントリーを開始。締切は6/10(火)
5/16 レース日程予定をお知らせします。ただし、詳細は変更の可能性もありますので、必ず後日発表の大会実施要項やコミュニケにてご確認ください。要項発表とエントリ―開始は、いましばらくお待ちください。



  以上