MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

湾岸クリテリウム


2014.7.27
JBCF 湾岸クリテリウム2014
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第12戦
 ●Jフェミニンツアー第19戦


【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第12戦
『JBCF湾岸クリテリウム2014』

日付 2014年7月27日(日)
会場 シンボルプロムナード公園セントラル広場 特設周回コース 東京都江東区青海一丁目
距離 特設周回コース 1周1.45km Jプロツアー決勝 1.45km×24周=34.8km

【Jプロツアー】
宇都宮ブリッツェン阿部嵩之が猛暑の湾岸を逃げ切りで制する

東京臨海副都心のお台場エリアで行なわれた2日間の湾岸サイクルフェスティバル(湾岸サイクルフェスティバル実行委員会主催)。それの注目イベントとして行なわれたのがJBCF湾岸クリテリウム。朝から30度を超える暑さにもかかわらず、自転車ファンだけでなくお台場を訪れた多くの人たちの目の前で熱戦が繰り広げられた。

P1クラスタは予選3組を通過した39人によって、決勝が24周34.8kmで行なわれた。4周目に抜け出した雨澤毅明(那須ブラーゼン)に阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)、末永周平(CROPS×championsystem)さらに和田力(マトリックスパワータグ)が合流し、レース序盤で4人の逃げができる。メイン集団はそれぞれ7人が出走する宇都宮ブリッツェンとマトリックスパワータグがコントロール。

メイン集団からは数人が抜け出すもかみ合わず集団に戻り、先頭4人とのタイム差は変動しつつも次第に離れていく。逃げる4人は先頭交代を繰り返し、逃げ切りか確定的となったラスト2周からは牽制も入る。ゴール前の上りで先に仕掛けたのは末永。これを阿部がかわして宇都宮ブリッツェンは今シーズン5勝目を挙げた。

結果
P1 34.8km
1位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)49分31秒
2位 末永周平(CROPS×championsystem)
3位 和田力(マトリックスパワータグ)+01秒
4位 雨澤毅明(那須ブラーゼン)+07秒
5位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)+1分11秒
6位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン

Jプロツアーリーダー 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン)

【Jフェミニンツアー】
結果
Fクラスタ 14.5km
1位 上野みなみ(JBCF J-Feminin)23分34秒
2位 塚越さくら(JBCF J-Feminin)+47秒
3位 智野真央(NEILPRYDE-MENS CLUB JFT)+1分10秒

Jフェミニンリーダー 棟近陽子(EURO-WORKS Racing)


wangan

朝から30度を超える猛暑の中で繰り広げられるスピードレース

wangan

お台場エリアでのクリテリウム。2分に1回選手たちが巡ってくる

wangan

P1クラスタ、逃げ続ける先頭の4人

wangan

1クラスタ、阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)が得意のパターンで優勝

wangan

P1クラスタ、2位3位は大卒1年目の選手たち

wangan

Fクラスタは上野みなみ(JBCF J-Feminin)が独走優勝

wangan

鹿屋体育大大学院生の上野みなみと塚越さくらは実業団登録して出場

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟


 

7/24 スタートリストコミュニケ-1を掲載
7/16 マップ会場レイアウトを掲載
7/15 レーサーリストを掲載
7/13 エントリ―締切
7/08 実施要項を掲載し、エントリーを開始。締切は7/13(日)