MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

宇都宮クリテリウム


2014.3.23
第1回 JBCF 宇都宮クリテリウム
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第1戦
 ●Jエリートツアー第1戦
 ●Jフェミニンツアー第1戦

【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー開幕戦
 『第1回JBCF宇都宮クリテリウム』

日付 2014年3月23日
会場 栃木県宇都宮市清原工業団地内
距離 1周2.7km×25周=67.5km(P)

【Jプロツアー】
「初開催宇都宮での開幕戦はマトリックスのセバスチャン・モラが制する」

2014年度のJプロツアーが初開催の宇都宮市清原工業団地でのクリテリウムで幕を開けた。宇都宮市ではジャパンカップ本戦と同クリテリウムに続く3戦目の公道レースとして、サイクルスポーツマネージメント株式会社との共催で行われた。同社は宇都宮ブリッツェンの運営会社であり、史上初めて地域のチームがJプロツアーを共催することとなった。これはJBCFが構想する、全国各地のチームがレースを主催していくことの最初のケースに相当する。

メイン会場では各種イベント、エンターテインメントや飲食の出店があり、Pクラスタ序盤時点での集計観客数は7100人と多くの観客で賑わった。レースコースは工業団地内公道の平坦な1周2.7kmで、Pクラスタは25周する67.5kmで行われた。スプリントポイント5万円を4回、優勝者へ30万円の賞金も設定された。

Pクラスタは13時ちょうどに佐藤栄一宇都宮市長の号砲でスタート。1周目で5人の逃げができる。現・全日本TTチャンピオンの大場政登志(CROPS×championsystem)と阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)らを含む逃げは強力だったが、逃げに乗せていないマトリックスパワータグがこれを追走し30分経過時点で吸収、振り出しに。その後は散発的なアタックが常時かかるが決まらず終盤へ。

ラスト2周での佐野淳哉(那須ブラーゼン)のアタックが吸収されていよいよ各チームが隊列を組んでゴールスプリントへ。最終周回は落車もあり各チームの隊列が乱れる。その中でマトリックスパワータグとイナーメ信濃山形の隊列がまとまってゴールへ。ここでセバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)と皿屋豊(イナーメ信濃山形)が抜け出しモラが先着、見事開幕戦勝利。2位皿屋との差は写真判定に持ち込まれるほどの僅差だった。5周に1回のポイント賞は、窪木一茂(TeamUKYO)が2回、小室雅成(ロヂャースレーシングチーム)とセバスチャン・モラが1回ずつ獲得した。

結果 P1 67.5km

1位 セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)1時間26分16秒
2位 皿屋豊(イナーメ信濃山形)
3位 窪木一茂(TeamUKYO)
4位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)
5位 中村龍太郎(イナーメ信濃山形)
6位 大久保陣(宇都宮ブリッツェン)

Jプロツアーリーダー セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)
U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン)

【Jフェミニンツアー】

結果 F 24.3km

1位 智野真央(NEILPRYDE-MENS CLUB JFT)90点
2位 針谷千沙子(Live GARDEN BICI STELLE)63点
3位 高山真由子(竹芝サイクルレーシング)59点

Jフェミニンリーダー 智野真央(NEILPRYDE-MENS CLUB JFT)

utsunomiya
ホストチームの宇都宮ブリッツェンは鈴木真理で必勝体制

utsunomiya
ホストチームの那須ブラーゼンは佐野淳哉の爆発力に期待

utsunomiya
日本初!ゆるキャラクリテリウム

utsunomiya
宇都宮市内では3回目の公道レースが開幕

utsunomiya
7100人の観客の中、いよいよスタート

utsunomiya
1周目で決まった5人の逃げ

utsunomiya
メイン集団はマトリックスパワータグが牽引

utsunomiya
2回目のポイント賞を獲得する小室雅成(ロヂャースレーシングチーム)

utsunomiya
集団が崩れないままアタック合戦が続く

utsunomiya
終盤、マトリックスパワータグらが隊列を組む

utsunomiya
ラスト1周へ、緊張が走る

utsunomiya
ゴール前、セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)と皿屋豊(イナーメ信濃山形)が抜け出す

utsunomiya
セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)が開幕戦を制する

utsunomiya
優勝賞金は30万円。2週間前に来日したセバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)はマディソンレースのヨーロッパチャンピオン

utsunomiya
Jプロツアーリーダー セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)、U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン)

utsunomiya
Fクラスタスタート

utsunomiya
Fクラスタ表彰、智野真央(NEILPRYDE-MENS CLUB JFT)が優勝&Jフェミニンリーダー

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 

3/20 コミュニケ-2を掲載。
3/20 参加にあたってのお知らせに「機材点検について」を追加。

3/19 メイン会場レイアウトを掲載。
    ※3/22のライセンスコントロール・監督会議場所、3/23のコミュニケボード、タグ回収、ステージカー(表彰)の場所に注意。
3/19 会場全体図を掲載。
    ※「TOP-P」チーム以外のチームの駐車場は、記載の「メイン駐車場」となります。
    ※出走サイン場所に注意。
3/19 3/23の交通規制を掲載。
3/19 レーサーリスト第5版を掲載。

3/14 イベントの詳細(別サイトにリンク)
3/14 参加にあたってのお知らせを掲載。
3/13 レーサーリスト第2版を訂正し第3版を掲載。
3/12 レーサーリストを訂正し第2版を掲載。
3/12 レーサーリスト(3/12)を掲載。
3/11 コミュニケ-1を掲載。
3/03 大会実施要項を掲載しエントリ―を開始しました。締切は3/9(日)
3/03 コースマップを修正して掲載。
1/30 コースマップを掲載。