MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

白浜クリテリウム


2014.4.20
第4回 JBCF 白浜クリテリウム
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第4戦
 ●Jエリートツアー第5戦
 ●Jフェミニンツアー第5戦

【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第4戦
 『第3回JBCF白浜クリテリウム』

日付 2014年4月20日 会場 和歌山県西牟婁郡白浜町 旧南紀白浜空港跡地 距離 滑走路周回1.5kmコース

【Jプロツアー】
宇都宮ブリッツェンが白浜で2連勝!大久保陣がクリテリウムを制する

白浜2連戦の2日目はクリテリウム。前日のタイムトライアルで使用した旧滑走路を往復するコース。P1クラスタは予選2組を勝ち上がった計65名での決勝に。宇都宮ブリッツェンは唯一参加8名全員が決勝へ上がるいっぽうで、宇都宮クリテリウムを制したマトリックスパワータグは2名のみが決勝へ。

序盤からアタックが続くが10秒以上タイム差のつく逃げはできない。佐野淳哉(那須ブラーゼン)、山本元喜(斑鳩アスティーフォ)、ホセ・アギヤベガ(CROPS×championsystem)そして宇都宮ブリッツェンやシマノレーシングらのメンバーがアタックを繰り出す。特に佐野のアタックは強力だが決定的な逃げにはつながらない。結局そのまま大集団でのゴール勝負へ。

最終コーナーを鋭く回った大久保陣(宇都宮ブリッツェン)が先頭のままゴール。吉田隼人(シマノレーシング)が追い込むものの届かず。宇都宮ブリッツェンは逃げを作る展開から集団ゴールへと作戦を臨機応変に対応。エースを鈴木真理から大久保へシフトした作戦が成功。前日のチームタイムトライアルに続く勝利で、今シーズン3戦目にして早くも2勝を挙げた。

結果
  Pクラスタ 34.5km

1位 大久保陣(宇都宮ブリッツェン)52分31秒
2位 吉田隼人(シマノレーシング)
3位 セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)+01秒
4位 ガルシア・リカルド(Team UKYO)
5位 住吉宏太(Team UKYO)
6位 岩島啓太(なるしまフレンド レーシングチーム)

Jプロツアーリーダー セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)
U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン

【Jフェミニンツアー】13.5km

1位 棟近陽子(EURO-WORKS Racing)24分45秒
2位 智野真央(NEILPRYDE-MENS CLUB JFT)
3位 高山真由子(竹芝サイクルレーシング)

Jフェミニンリーダー 高山真由子(竹芝サイクルレーシング)


会場は海沿い高台の旧南紀白浜空港跡地


和歌山県選出の鶴保庸介参議院議員(右から2人目)も女子選手とコースを1周。中央は主催者NPO法人SPORTS PRODUCE熊野の角口賀敏理事長


Fクラスタ 先頭は優勝した棟近陽子(EURO-WORKS Racing


Pクラスタがスタート


最も多くアタックを仕掛けた佐野淳哉(那須ブラーゼン)


トップスプリンターの仲間入りを果たした大久保陣(宇都宮ブリッツェン


Fクラスタ 表彰


Pクラスタ 表彰


Jプロツアーリーダー セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)、U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン)


写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 


4/18 スタートリストを掲載。
4/18 コミュニケ-1を掲載。
4/17 会場案内図を掲載
JPT優先駐車は、スタート地点に近い方から、チームナンバー順に下記14チームを配置する。
(00.Team UKYO, 01.宇都宮ブリッツェン, 02.マトリックスパワータグ, 03.シマノレーシング, 05.CROPS × championsystem,
06.湘南ベルマーレ,07.イナーメ信濃山形, 08.NEILPRYDE - MEN'S CLUB PRO CYCLING, 09.那須ブラーゼン,
10.JP SPORTS TEST TEAM-MASSA-ANDE, 12.なるしまフレンド レーシングチーム,
13.シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA サイクリングチーム, 14.FIETS GROEN, 16.エルドラード東北)

4/16 USTライブ配信決定! http://bit.ly/1qDpuj0
2014/4/19(土)タイムトライアル
 13:10~ JET/JFT個人タイムトライアル
 14:55~ JPTチームタイムトライアル
2014/4/20(日)クリテリウム
 09:00~ JPT予選1組
 09:35~ JPT予選2組
 11:35~ ママチャリレース(一般の部)
 13:35~ JFT決勝
 14:05~ JPT決勝
 15:05~ JET(E1)決勝

4/10 レーサーリストを掲載
4/01 実施要項を掲載、エントリーを開始。締切は4/8(火)。