MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

群馬CSCロードDay-1


2014.4.26
第6回 JBCF 群馬CSCロードレース Day-1
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第5戦
 ●Jエリートツアー第6戦
 ●Jフェミニンツアー第6戦



【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第5戦
『第6回JBCF群馬CSCロードレース Day-1』

日付 2014年4月26日
会場 群馬県利根郡みなかみ町 群馬サイクルスポーツセンター
距離 P1クラス:20周 120km

【Jプロツアー】

畑中勇介が3年ぶりのルビーレッドジャージを手繰り寄せる

レイティングの高いAAランクの大会はJプロツアー年間21戦のうち6戦。そのうちのひとつがこのJBCF群馬CSCロードレース。会場は名コースとして名高い群馬サイクルスポーツセンターの6kmサーキットコース。昨年からスタートとゴールが管理棟手前の上り部分で行われている

20周120kmのP1クラスタはスタート後から各チームのアタックの応酬となり数人が数秒抜け出す展開がじつに中盤まで続く。ちょうど中盤、11周目に入って下り区間で抜け出した6人の逃げが決まる。畑中勇介と入部正太朗(シマノレーシング)、窪木一茂(Team UKYO)、山本元喜(斑鳩アスティーフォ)、阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)、森本誠(イナーメ信濃山形)の強力メンバー。この6人は協調してメイン集団との差を広げ終盤には2分差となって逃げ切りが濃厚に。

それまでも上り区間で抜け出していた山本と畑中だが、最終周回の心臓破りの坂で山本が仕掛け、頂上付近で畑中が先頭に立つと単独となり、そのままゴールまで逃げ切って優勝。2位には昨年大会の覇者、窪木が、3位には山本が入った。2011年輪島大会以来のルビーレッドジャージを手にした畑中は「得意のこのコースで勝てて嬉しい。逃げメンバーでは窪木選手に注意していたがそのとおりに。山本も強かった」と語る。

結果
P1 120km
1位 畑中勇介(シマノレーシング)2時間54分20秒
2位 窪木一茂(Team UKYO)+07秒
3位 山本元喜(斑鳩アスティーフォ)+08秒
4位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)+13秒
5位 森本誠(イナーメ信濃山形)
6位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)+3分21秒

Jプロツアーリーダー 畑中勇介(シマノレーシング)
U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン

【Jフェミニンツアー】
距離 30km(6km×5周回)

F 30km
1位 牧瀬翼(Team ASAHI)
2位 星川恵利奈(Team ASAHI)
3位 パターソン・ジル(Team ASAHI)


gunma

P1クラスタ 各チームのサポーターが応援する中でスタート

gunma

P1クラスタ この日もっともアタックをかけたのは山本元喜(斑鳩アスティーフォ

gunma

P1クラスタ 中盤にようやくできた6人の逃げ集団

gunma

P1クラスタ 最終周回の心臓破りの坂頂上で抜け出す畑中勇介(シマノレーシング)

gunma

P1クラスタ 畑中勇介(シマノレーシング)が優勝

gunma

P1クラスタ 表彰

gunma

P1クラスタ Jプロツアーリーダー 畑中勇介(シマノレーシング)、U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン


gunma

Fクラスタ スタート

gunma

Fクラスタ 牧瀬翼(Team ASAHI)が独走優勝

gunma

Fクラスタ 表彰 Team ASAHIが表彰台独占

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 


4/24 コミュニケを掲載
4/24 コースマップを掲載
※JPT優先駐車はコース上は下記16チーム(チームナンバー順)とし、それ以外のチームは「第2優先P」となります。
 01/Team UKYO
 02/宇都宮ブリッツェン
 03/マトリックスパワータグ
 04/シマノレーシング
 05/CROPS × championsystem
 06/湘南ベルマーレ
 07/イナーメ信濃山形
 08/NEILPRYDE - MEN'S CLUB PRO CYCLING
 09/那須ブラーゼン
 10/JP SPORTS TEST TEAM-MASSA-ANDE
 11/なるしまフレンド レーシングチーム
 12/シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA サイクリングチーム
 13/FIETS GROEN
 14/エルドラード東北
 15/ウォークライド・シクロアカデミア
 16/GRUPPO ACQUA TAMA


4/23 USTライブ配信決定! http://bit.ly/1ppVE4k

月日   クラスタ 開始予定時間
4/26 (土) E1 10:45
    F 10:47
    JPTスタートセレモニー 12:30
    P1 12:35
4/27 (日) E3 7:30
    E2 8:20
    Y1.2 8:25
    E1 9:20
    F 9:23

4/23 レーサーリストを白浜大会での昇格を反映して更新。
4/17 レーサーリストを掲載。
4/07 実施要項を掲載し、エントリーを開始。締切は4/13(日)。