MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

西日本ロードクラシック 広島大会


2013.6.29-30
第47回 JBCF 西日本ロードクラシック 広島大会
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第8戦
 ●Jエリートツアー第16戦
 ●Jフェミニンツアー第14戦
 ●Jユースツアー第2戦




【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第8戦
『第47回JBCF西日本ロードクラシック広島大会』

日付 2013年6月29、30日
会場 広島県中央森林公園サイクリングコース
距離 12.3km/12周(P1)

【Jプロツアー】

畑中勇介が驚異の追い上げで土井雪広らを下す

Jプロツアー全17戦で2番目のランクの西日本ロードが、広島県中央森林公園で行われ、終盤にメイン集団から追い上げた3人の勝負となり、スプリント勝負を畑中勇介(シマノレーシング)が制した。

西日本ロードの舞台は名コースの広島。P1は12周する147.6kmで行われた。レースは116名が出走、1周目からのアタック合戦は、4周目に狩野智也(Team UKYO)のアタックでできた8人の逃げが決まりようやく落ち着く。

メイン集団は最大4分差にまで広がり、9周目からこのメイン集団はシマノレーシング、宇都宮ブリッツェンらのペースアップで活性化。11周目には先頭に畑中、土井雪広(Team UKYO)らが追いつきさらに最終周回には先頭は12人にまで増える

最後の上り区間で寺崎武郎(EQA U23)がアタック、これに土井と畑中が合流し、さらに土井がアタックして頂上をクリア。しかし畑中と寺崎も追走して再び3人となりゴールへ。土井が先行するものの畑中がかわして優勝


結果 P1 147.6km
1位 畑中勇介(シマノレーシング)3時間48分04秒
2位 土井雪広(Team UKYO)+01秒
3位 寺崎武郎(EQA U23)+03秒
4位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)+31秒
5位 西村大輝(シマノレーシング)
6位 秋丸湧哉(EQA U23)+33秒

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(Team UKYO)
U23リーダー 池部壮太(マトリックスパワータグ)

【Jフェミニンツアー】
結果 F 36.9km
1位 吉川美穂(Team ASAHI)1時間05分46秒
2位 豊岡英子(パナソニックレディース)+13秒
3位 坂口聖香(パナソニックレディース)+17秒

Jフェミニンツアーリーダー 豊岡英子(パナソニックレディース)

【Jユースツアー】
結果 Y 49.2km
1位 伊藤舜紀(ボンシャンス)1時間21分05秒
2位 大町健斗(チームサイクルプラス)+18秒
3位 三好匠(ボンシャンス)+26秒

Jユースツアーリーダー 野島 遊(パールイズミ・スミタ・ラバネロ) 


hiroshima

Jプロツアー表彰

hiroshima

4周目、狩野智也(Team UKYO)のアタックで8人の逃げができ

hiroshima

9周目、メイン集団のペースを上げる畑中勇介・西村大輝(シマノレーシング)ら

hiroshima

10周目、土井雪広(Team UKYO)がペースアップして集団を小さくする

hiroshima

ラスト4km、土井雪広(Team UKYO)がアタック

hiroshima

畑中勇介(シマノレーシング)が3人のスプリントを制して優勝

hiroshima

女子は吉川美穂(Team ASAHI)が逆転で優勝

hiroshima

女子表彰、Jフェミニンリーダーは豊岡英子(パナソニックレディース)がキープ

hiroshima

Jユースツアー第2戦は積極的なレース展開を伊藤舜紀(ボンシャンス)が制した


写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟  



 


6/26 お知らせ(病院)を追記。
6/25 お知らせ(試走、ウォーミングアップ、JPT優先駐車)を掲載。
6/20 コースマップを掲載、レーサーリスト(6/30)を一部訂正。
6/18 レーサーリスト(6/29)レーサーリスト(6/30)を掲載。
6/07 コミュニケ(競技内容とスケジュールの変更)を掲載。
6/07 実施要項を掲載し、エントリーを開始。締切は6/16(日)。
※6/29はJYTのみの開催。ただし、ジュニアユースの選手は、6/30もJET、JPTでのエントリーができ、
 6/29-30で2レース分のエントリーが可能です