MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

タイムトライアルチャンピオンシップ


2013.9.8.
第3回 JBCF タイムトライアルチャンピオンシップ
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第12戦
 ●Jエリートツアー第21戦
 ●Jフェミニンツアー第19戦


【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第12戦
『第3回 JBCF タイムトライアルチャンピオンシップ』

日付 2013年9月8日(日)
会場 渡良瀬遊水地内谷中湖北ブロック(5.3km/1周)
距離 15.9km(5.3km×3周回)

【Jプロツアー】
距離 5.3km

昨年7月にラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)に登録されたのを機に昨年スタートした、渡良瀬遊水地でのタイムトライアルチャンピオンシップ。昨年同様に天候には恵まれず、レース中はほぼ雨が降り続くあいにくのコンディションで行われた。

コースはほぼフラットの5.3kmを3周回する15.9km。ブレーキを要するコーナーも2か所のみ。独走力、風向きを考慮したペース配分、そしてウエットなコーナーをどこまで攻めるのか?これらが今回の勝敗を決める要因となった。

出走はツアーランキング下位の選手から出走し、最終走者がツアーリーダーのホセ・ビセンテ。90秒間隔でスタートしていく。

その中で6番目にスタートした18才の岡篤志(cannondale championsystem)が、21:20.75の好タイムでトップを守るも、終盤に出走した実力者たちが、岡のタイムを塗り替えていく。そして最終走者のホセ・ビセンテ(Team UKYO)が20:19.81(平均スピード 46.92km/h)を叩き出して、本大会の優勝者となったと同時に、ツアーリーダーを守ることになった。2位にガルシア・ビセンテ(マトリックスパワータグ)、3位はモニエ・ダミアン(ブリヂストン アンカーサイクリング)と、表彰台を海外選手が独占した。

結果
P1 15.9km
1位 ホセ・ビセンテ(Team UKYO)20:19.81
2位 ガルシア・ビセンテ(マトリックスパワータグ) 20:29.38
3位 モニエ・ダミアン(ブリヂストン アンカーサイクリング) 20:31.64
4位 窪木一茂(マトリックスパワータグ) 20:49.88
5位 嶌田義明(Team UKYO)20:55.28
6位 大場政登志(cannondale championsystem)20:57.49

Jプロツアーリーダー:ホセ・ビセンテ(Team UKYO)
U23リーダー:堀孝明(宇都宮ブリッツェン)


watarase

ホセ・ビセンテ(Team UKYO)


watarase

ガルシア・ビセンテ(マトリックスパワータグ) ※2番手に写っている選手はドラフティング行為によりペナルティーを科した


watarase

モニエ・ダミアン(ブリヂストン アンカーサイクリング)


watarase

Jプロツアー表彰式 海外選手が独占した。タイムトライアルチャンピオンのリーダージャージ(ヴィオラクロノジャージ)はホセ・ビセンテへ


watarase

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(Team UKYO)とU23リーダーの堀孝明(宇都宮ブリッツェン)


【Jフェミニンツアー】
距離 5.3km

17名が出走したJフェミニンツアーは、コースを1周する5.3kmで争われた。優勝はツアーリーダーの豊岡英子(パナソニックレディース)。前日にコースを試走し、風向きやコース上の段差なども細かくチェックしたという、豊かなレース経験とその実力で、ただ一人7分台のタイムで優勝した。また2位、3位には伊藤杏菜(Ready Go Japan)、坂口聖香(パナソニックレディース)と、10代の若い選手が入賞を果たした。今後の活躍に期待が持てる結果となった。

1位 豊岡英子(パナソニックレディース) 07:58.05
2位 伊藤杏菜(Ready Go Japan) 08:05.09
3位 坂口聖香(パナソニックレディース) 08:06.82

Jフェミニンリーダー 豊岡 英子 (パナソニックレディース)

watarase

豊岡英子(パナソニックレディース)


watarase

伊藤杏菜(Ready Go Japan)


watarase

坂口聖香(パナソニックレディース)


watarase

Jフェミニンの華やかな表彰式

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 


9/06 コミュニケ-4(ギア規制)を掲載。
9/05 事務局よりお知らせ(JPT優先駐車)

    ・出場チームのうち、現時点でのチームランキング順の上位10チーム(下記)に3.5m×7mの優先駐車スペースを与える。

    (詳細は該当チームの代表者にメールで送信済み。メール未着のチームは事務局まで連絡の事)

    1.Team UKYO, 2. 宇都宮ブリッツェン, 3. マトリックスパワータグ,

    4. ブリヂストン アンカー サイクリングチーム, 5. cannondale championsystem,

    6. 湘南ベルマーレ, 7. シマノレーシング, 8. Peugeot Neilpryde Lacasse Pro,

    9.イナーメ信濃山形, 10.那須ブラーゼン (9位のEQA U23は不参戦)

9/05 コミュニケ-2(機材の規則遵守)の訂正版を掲載。
9/04 コミュニケ-3(特別規則)を掲載。
9/04 マップ(全体、本部付近)を掲載。
9/04 コミュニケ-2(機材の規則遵守)を掲載。
9/04 スタートリストを掲載。
9/04 コミュニケ-1(スケジュール変更)を掲載。
9/03 救急搬送先リストを掲載。
8/30 レーサーリストを掲載。
8/21 お知らせを掲載しました。ルールとマナーの遵守をお願いします。
8/21 大会当日、一般向けの多彩な同時イベントが催されます。詳しくはJBCF Newsをご覧ください。
8/13 実施要項を掲載し、エントリーを開始(締切は8/25)。