MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

タイムトライアル南紀白浜


2013.4.20
第2回 JBCF タイムトライアル南紀白浜
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第2戦
 ●Jエリートツアー第4戦
 ●Jフェミニンツアー第4戦

【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第2戦
 『第2回JBCFタイムトライアル南紀白浜』

日付 2013年4月20日(土)
会場 旧南紀白浜空港跡地(滑走路周回1.5kmコース)
距離 P1:15km(2.5km×6周回)、E、F:2.5km

【Jプロツアー】
TeamUKYOが唯一19分台で開幕2連勝

選手個々の力と結束力がそのまま数字で示される種目、それがチーム・タイムトライアル。JBCFでは昨年から始め、今年で2回目。コースは旧滑走路を往復するだけだが、緩い勾配があり、風も常時吹き付ける。当日は小雨が降り始める天候に。各チーム6名まで出走で3番手のゴールが計測される。

P1クラスタは全16チームが6ヒートに分かれてそれぞれ1分ごとに出走。目安タイムは昨年優勝のcannondale spacezeropointが出した20分00秒33だ。注目は終盤の組、まずマトリックスパワータグが20分14秒66を出す。ただしこれは中盤前で落車し3人で出したタイム。

最終ヒートは昨年の2位3位。1周目からTeamUKYOがリードし後半は3人に。宇都宮ブリッツェンは対照的に6名が終盤までまとまる走り。TeamUKYOリードのままゴールし、唯一20分を切る19分55秒55で優勝。宇都宮ブリッツェンは20分21秒46で3位に。これでTeamUKYOは1週間前の伊吹山に続いて開幕2連勝。

結果
P1 15km
1位 TeamUKYO 19分55秒55
2位 マトリックスパワータグ +19秒
3位 宇都宮ブリッツェン +25秒
4位 イナーメ信濃山形 +48秒
5位 cannondale championsystem +58秒
6位 JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックス +1分04秒

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(TeamUKYO)
U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

F 2.5km
1位 豊岡英子(パナソニックレディース)3分45秒64
2位 吉川美穂(Team ASAHI)+01秒
3位 高山真由子(竹芝サイクルレーシング)+13秒

shuzenji

会場は空港滑走路跡地。試走する新規チームの那須ブラーゼン

shuzenji

Fクラス優勝の豊岡英子(パナソニックレディース)

shuzenji

2位のマトリックスパワータグ +19秒

shuzenji

3位の宇都宮ブリッツェン +25秒

shuzenji

優勝のTeamUKYO 19分55秒55

shuzenji

P1表彰

shuzenji

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(TeamUKYO)、U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 


4/19 コミュニケ_1を掲載。
4/16 会場案内図を一部修正(P1駐車位置のみ)。
4/16 スタートリスト(JPT)スタートリスト(JET、JFT)を掲載。
4/10 レーサーリスト会場案内図を掲載。
3/27 実施要項を掲載、エントリーを開始。締切は4/7(日)。