MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

富士山ヒルクライム


2013.6.16
第10回 JBCF 富士山ヒルクライム
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第7戦
 ●Jエリートツアー第15戦
 ●Jフェミニンツアー第13戦


【大会リポート】

Jプロツアー第7戦
『第10回JBCF富士山ヒルクライム』


日付 2013年6月16日(日)
会場 静岡県駿東郡小山町ふじあざみライン
距離 11.4km、標高差1200m

【Jプロツアー】

ホセ・ビセンテが40分52秒の好記録で圧倒

2位に1分以上の大差をつけたのはホセ・ビセンテ(Team UKYO)。激坂のふじあざみラインをJプロツアー記録の40分52秒で制し、初戦の伊吹山以来の2勝目を挙げた。

前週の栂池に続くヒルクライム連戦の後半は、日本を代表する激坂のふじあざみラインで行われた。半分ほどのメンバーで参加するチームがある中、ブリヂストンアンカーはフルメンバーで参戦。レースは栂池に続いてふたたびそのアンカー勢とTeam UKYOの戦いに。

スタートからホセ・ビセンテが集団をリード。大きなアタックがかからないまま集団はやがて小さくなっていく。3km地点では早くもホセ・ビセンテとブリヂストンアンカーのモニエ・ダミアン、カナール・ヴァンサン、ルバ・トマの1対3になる。ホセは変わらず先頭を引き続けルバが下がって1対2に

中間点を過ぎてカナールが仕掛けホセが追う。さらにモニエが仕掛け、ブリヂストンアンカー勢の波状攻撃に。ホセはペースを守って追走、ラスト2kmで2人が並ぶと、ホセが仕掛けて単独先頭に、そのまま差を広げて優勝。前週の栂池ではブリヂストンアンカー勢の攻撃に遭い、勝てるレースを落としていたホセだが、このレースでは自分のペースを守って圧勝。40分52秒はJプロツアーでのコースレコード。

結果 P1
1位 ホセ・ビセンテ(Team UKYO)40分52秒
2位 モニエ・ダミアン(ブリヂストンアンカー)+1分03秒
3位 カナール・ヴァンサン(ブリヂストンアンカー)+1分32秒
4位 ルバ・トマ(ブリヂストンアンカー)+2分49秒
5位 池部壮太(マトリックスパワータグ)+3分00秒
6位 清水都貴(ブリヂストンアンカー)+3分28秒

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(Team UKYO)
U23リーダー 池部壮太(マトリックスパワータグ

【Jフェミニンツアー】

結果 F
1位 西加南子(LUMINARIA)59分52秒
2位 鈴木 梢(湘南ベルマーレクラブ)+2分59秒
3位 棟近陽子(EURO-WORKS Racing)+6分22秒

Jフェミニンリーダー 豊岡英子(パナソニックレディース)

mt-fuji

E1は小山町内をパレード

mt-fuji

スタートからホセ・ビセンテ(Team UKYO)が集団をリードする

mt-fuji

自分のペースを守って走るホセ・ビセンテ(Team UKYO)

mt-fuji

ラスト2km、モニエ・ダミアン(ブリヂストンアンカー)に差をつけるホセ・ビセンテ(Team UKYO

mt-fuji

ホセ・ビセンテ(Team UKYO)がJプロツアー2勝目を飾る

mt-fuji

P1表彰、Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(Team UKYO)

mt-fuji

U23リーダーは日本人最高位の5位となった池部壮太(マトリックスパワータグ)

mt-fuji

女子表彰


写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 



6/15 コミュニケ-3(P1スケジュールの変更)を掲載。
6/14 コミュニケ-2(サイン場所の変更など)を掲載。
6/13 コミュニケ-1(パレードスタートなど)コースマップ会場マップメイン会場レイアウトを掲載。
6/05 レーサーリストを掲載。
5/22 実施要項を掲載し、エントリーを開始。締切は6/2(日)。

応援、観戦の皆様へ
 6/16(日)は朝7時から13時まで、ふじあざみラインが全面通行止めとなります。
 コース沿道には駐車スペースはございませんので、応援、観戦の方はスタート地点及びフィニッシュ地点でお願いいたします。
 シャトルバスなどのご用意はございません。