MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

みやだクリテリウム


2013.8.18
第5回 JBCF みやだクリテリウム
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第10戦
 ●Jエリートツアー第19戦
 ●Jフェミニンツアー第17戦
 ●Jユースツアー第4戦


【大会リポート】

Jプロツアー第10戦
『第5回JBCFみやだクリテリウム』

日付 2013年8月18日
会場 長野県上伊那郡宮田村内特設コース
距離 3.2km/周

【Jプロツアー】
入部正太朗(シマノレーシング)が実業団初優勝

約一ヶ月ぶりのJプロツアー。学生時代からトラックレースやクリテリウムを得意とする入部正太朗(シマノレーシング)が中盤から逃げた3人でのスプリントを制し、実業団レース初優勝。

朝から好天の長野県宮田村は標高600mほどで、日差しは強くとも日陰はすごしやすい田園地帯。その宮田村の中心部に近い公道を使って行われるのがこのみやだクリテリウム。会場には地元産品などのコーナーも設けられ選手たちを歓迎。

P1クラスタは予選を勝ち抜いた50名、10周32kmで行われた。序盤から阿部嵩之(TeamUKYO)と澤田賢匠(cannondale championsystem)を中心にアタックが繰り返され、阿部、飯野智之(宇都宮ブリッツェン)、鈴木譲(シマノレーシング)、安原大貴(マトリックスパワータグ)の4人が逃げる。

4人がメイン集団に吸収後、嶌田義明(TeamUKYO)がアタックするがこれも吸収。このタイミングで阿部がカウンターアタック、さらに飯野そして入部が続いて3人の逃げが形成。スピードのある3人は逃げ続け、いっぽうでメイン集団は差を詰めることができない。

勝負は先頭の3人に持ち込まれ、先に仕掛けた飯野の背後から抜け出した入部が実業団レース初優勝。入部は高校時代からトラックレースの中距離種目を得意としてきたスピードマン。チームはヨーロッパ遠征から帰国後の初レースで好結果を挙げて後半戦に臨む。

結果
P1 32.0km
1位 入部正太朗(シマノレーシング)48分46秒
2位 飯野智之(宇都宮ブリッツェン)+01秒
3位 阿部嵩之(TeamUKYO)+03秒
4位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)+23秒
5位 ホセ・ビセンテ(TeamUKYO)
6位 中村誠(宇都宮ブリッツェン)+24秒

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(Team UKYO)
U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン

【Jフェミニンツアー】
Fクラスタ(女子)は29名と多数のエントリー。序盤から豊岡英子(パナソニックレディース)と西加南子(LUMINARIA)を中心にスピードを上げ、坂口聖香(パナソニックレディース)を加えた3人で先頭集団を形成。ゴールスプリントを豊岡が制し、Jフェミニンリーダーをキープ。

結果 F 19.2km
1位 豊岡英子(パナソニックレディース)35分38秒
2位 坂口聖香(パナソニックレディース)
3位 西加南子(LUMINARIA)
 
【Jユースツアー】
Yクラスタ(ユース)は8月に実業団連盟のプログラムでフランスへ遠征していた岡篤志(cannondale championsystem)が参戦。そして全日本個人TT2位の樋口峻明(横浜高校)やインターハイロード3位の石上優大(同)も参戦。レースは岡と雨澤毅明(那須ブラーゼン)の動きで小野寺玲(ブラウ・ブリッツェン)を加えた3人の逃げに。ハイレベルの戦いはゴールスプリントとなり、これを制したのは岡。

結果 Y 19.2km
1位 岡篤志(cannondale championsystem)29分56秒
2位 小野寺玲(ブラウ・ブリッツェン)+02秒
3位 雨澤毅明(那須ブラーゼン)+03秒

miyada

P1クラスタ 阿部嵩之(TeamUKYO)がファーストアタック

miyada

P1クラスタ 3人の逃げがゴールまで届く

miyada

P1クラスタ 入部正太朗(シマノレーシング)が優勝

miyada

P1クラスタ メイン集団は鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)が先着

miyada

P1クラスタ 表彰

miyada

Jプロツアーリーダー:ホセ・ビセンテ(Team UKYO)、U23リーダー:堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

miyada

Fクラスタは29名のエントリー

miyada

Fクラスタ 豊岡英子(パナソニックレディース)が優勝

miyada

Fクラスタ 表彰

miyada

Jフェミニンツアーリーダーは豊岡英子(パナソニックレディース)

miyada

Yクラスタ 仕掛ける岡篤志(cannondale championsystem

miyada

Yクラスタ 岡篤志(cannondale championsystem)がみやだ2連覇達成

miyada

Yクラスタ 表彰


写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟




 

8/16 コミュニケ-3を掲載。
8/15 事務局よりお知らせ(JPT優先駐車)

    ・出場チームのうち、現時点でのチームランキング順の上位16チーム(下記)に優先駐車スペースを与える。

    (詳細は該当チームの代表者にメールで送信済み。メール未着のチームは事務局まで連絡の事)

    1. Team UKYO, 2. 宇都宮ブリッツェン, 3. マトリックスパワータグ, 4. cannondale championsystem,

    5. 湘南ベルマーレ, 6. Peugeot Neilpryde Lacasse Pro , 7. JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックス,

    8. イナーメ信濃山形, 9. 那須ブラーゼン, 10. シマノレーシング, 11. VAX RACING with SAITAMA,

    12. シエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム, 13. なるしまフレンド レーシングチーム, 14. FIETS GROEN,

    15. パールイズミ・スミタ・ラバネロ, 16. EsperanceStage/WAVEONE山口

8/15 会場レイアウトを掲載。
8/14 コミュニケ-2(スケジュール変更など)とスタートリストを掲載。
8/13 事務局よりお知らせ(病院)

    ・救急搬送先病院:昭和伊南総合病院 〒399-4117長野県駒ヶ根市赤穂3230 T.0265-82-2121

    (状況により別の病院に搬送される場合もある)

8/09 コミュニケ-1(補給、機材ピット)を掲載。
8/06 コースマップを掲載。
8/05 レーサーリストを掲載。
7/23 実施要項を掲載し、エントリーを開始。締切は8/4(日)。
なお、要項にあるように、当日受付はありませんので、注意してエントリーを行なってください。