MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ


2013.9.21-22
第47回 JBCF 経済産業大臣旗 ロードチャンピオンシップ
第2回 JBCF 女子ロードチャンピオンシップ
第2回 JBCF ジュニアユース ロードチャンピオンシップ

JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第13戦
 ●Jエリートツアー第23戦
 ●Jフェミニンツアー第21戦
 ●Jユースツアー第5戦



【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第13戦
『第47回JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ』

日付 2013年9月21日、22日
会場 群馬県利根郡みなかみ町 群馬サイクルスポーツセンター
距離 6km×29周=174km

【Jプロツアー】
ガルシア・ビセンテが圧巻の逃げ 経済産業大臣旗もマトリックスパワータグに

JBCF最高峰の大会がこの経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ。レースレイティングはAAAで、さらに各チーム上位3人合計順位で競われる団体賞の「経済産業大臣賞」が設定され、経済産業大臣旗の獲得を目指し各チームが戦う。

舞台は群馬CSCで、スタートとフィニッシュはバック側の緩いのぼりに設定される。29周174km、4時間半に渡る長丁場だが、開始15分後の2周目にガルシア・ビセンテ(マトリックスパワータグ)が単独アタック。ガルシアは単独で先頭を走る。中盤に数人がメイン集団から追いつく。

ラスト4周、先頭集団からさらに抜け出したのは5人。ガルシア、畑中勇介・鈴木譲・安井雅彦(シマノレーシング)そして山下貴宏(TeamUKYO)。ラスト2周、ここからさらにガルシアと畑中の2人が抜け出しゴールへ向かう。上りゴールスプリントを制したのはガルシア。174kmのレースでなんと160km以上を先頭で走り続けての圧倒的な力を見せた。

経済産業大臣賞は、1位4位11位の個人成績をおさめたマトリックスパワータグが受賞。経済産業大臣旗を手にした。同チームは個人優勝は3年連続、団体賞は2年ぶりの受賞。

結果
P1 174km
1位 ガルシア・ビセンテ(マトリックスパワータグ)4時間31分24秒
2位 畑中勇介(シマノレーシング)
3位 山下貴宏(TeamUKYO)+36秒
4位 ヴィズィアック・マリウス(マトリックスパワータグ)+1分12秒
5位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)
6位 カベッロ・アントニオ(TeamUKYO)+1分13秒

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(Team UKYO)
U23リーダー 西村大輝(シマノレーシング


P1クラスタのスタート

ラスト3周の先頭集団

最終周回の心臓破りの坂で仕掛けるガルシア・ビセンテ(マトリックスパワータグ)

160km以上を逃げ続けたガルシア・ビセンテ(マトリックスパワータグ)が優勝

P1クラスタ 表彰

ヴィオラジャージのガルシア・ビセンテ(マトリックスパワータグ)、チームは3連覇

団体賞表彰、経済産業大臣旗はマトリックスパワータグに

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(Team UKYO)、 U23リーダー 西村大輝(シマノレーシング)

【Jフェミニンツアー】
結果
F 60km
1位 西加南子(LUMINARIA)1時間47分28秒
2位 豊岡英子(パナソニックレディース)
3位 智野真央(MUUR zero Velofutur)

Jフェミニンツアーリーダー 豊岡英子(パナソニックレディース)

Fクラスタ、21人が出走

ゴールスプリントのFクラスタ、左の西加南子(LUMINARIA)が優勝

Fクラスタ 表彰

【Jユースツアー】
結果
Y 72km
1位 石上優大(横浜高校自転車競技部)1時間55分19秒
2位 内山雅貴(ボンシャンス)
3位 小野瀬優哉(湘南ベルマーレクラブ)

スプリント勝負となったYクラスタ

Yクラスタ優勝は石上優大(横浜高校自転車競技部)、アクアブルージャージも確定


【Jエリートツアー】
E1 96km
E2 72km
E3 54km

E1クラスタ、ラスト2周でアタックする小坂正則(スワコレーシングチーム)

E1クラスタ、逃げ切り優勝の小坂正則(スワコレーシングチーム

E2クラスタ優勝は齋藤憲幸(竹芝サイクルレーシング)

E3ゴール、迫悠己(中央大学サイクリング同好会)が優勝

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟






 


9/20 事務局からのお知らせ

 1.JPT優先駐車について

  (1) JPT の参加チーム全てに、優先的に駐車する権利を付与する(1 チーム7mx7m)。

  (2) コミュニケ4に記載のレイアウト図で位置を確認の上、指定の場所に駐車のこと。

  (3) 事務局指定の駐車券をフロントガラスの内側に掲示すること。

  (4) レイアウト図「1、3…」の付番は参加チームの現時点でのチームランキング順位のことである(下記参照)。

  1. Team UKYO, 2. 宇都宮ブリッツェン, 3. マトリックスパワータグ, 4. ブリヂストン アンカー サイクリングチーム,

  5. cannondale championsystem, 6. シマノレーシング, 7. 湘南ベルマーレ, 8. イナーメ信濃山形,

  9. Peugeot Neilpryde Lacasse Pro , 10. 那須ブラーゼン, 11. JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックス,

  12. EQA U23, 13. なるしまフレンド レーシングチーム, 14. シエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム,

  15. VAX RACING with SAITAMA, 16. FIETS GROEN, 17. パールイズミ・スミタ・ラバネロ,

  18. EsperanceStage/WAVEONE山口, 19. エルドラード, 20. Team JBCF

 

 2.救急搬送先病院(順不同) ※状況により別の病院に搬送される場合もある。

   *月夜野病院 〒379-1308 群馬県利根郡みなかみ町真庭316 TEL.0278-62-2011

   *利根中央病院 〒378-0053 群馬県沼田市東原新町1855-1 TEL.0278-22-4321

   *沼田脳神経外科循環器科病院 〒378-0014 群馬県沼田市栄町8 TEL.0278-22-5052

※救急医療情報提供、相談先:利根沼田広域消防本部 TEL.0278-24-0099  

以上  


9/19 コミュニケ3コミュニケ4を掲載しました。
9/16 レーサーリストを更新しました。
9/16 コミュニケ2(ドーピング検査)を掲載しました。
9/13 コミュニケ1を掲載しました。
9/12 レーサーリストを掲載しました。
9/03 コースマップを掲載しました。
8/30 実施要項を掲載し、エントリーを開始(締切は9/8)。 ※エントリ―は日毎に大会を選んで行ってください。