MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

美浜ロードレース


2013.10.13
第3回 JBCF 知多半島・美浜クリテリウム
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第15戦
 ●Jエリートツアー第25戦
 ●Jフェミニンツアー第23戦



【大会リポート】

Jプロツアー第15戦
『第3回JBCF知多半島・美浜クリテリウム』

日付 2013年10月13日(日)
会場 愛知県知多郡美浜町
距離 周回3.75km×20周(P1)

【Jプロツアー】
勝負勘冴える畑中勇介、集団ゴールを制する

Jプロツアーとしては2回目の美浜クリテリウム。一ヶ所緩い上りを含むやや長めの周回のクリテリウムは、2周に1回の周回賞も設定されるスピードレース。朝から快晴の会場、北よりの風速7mほどのやや強めの風が吹き、ホームストレートが強い向かい風に。

20周するP1は5周目に阿部嵩之(Team UKYO)のアタックをきっかけにやがて8人の先頭集団に。ガルシア・ビセンテ(マトリックスパワータグ)ら8人はメイン集団に最大1分の差をつける。しかし14周目にメイン集団が25秒差まで詰めたときに、各チームが警戒していた2連勝中のガルシアがメイン集団に戻る。

この動きで各チームとも終盤に向けてゴールスプリントの態勢へ。ラスト2周で逃げが吸収され大集団に。最終周回、各チームとも2人までしかまとまれないままゴールへ。先行するヴィズィアック・マリウス(マトリックスパワータグ)の後方からゴール直前で畑中勇介(シマノレーシング)が抜け出して優勝。混戦のスプリントを勝負勘鋭い位置取りで、大集団のゴールスプリントも制する力を見せた。

結果
P1クラスタ 75km

1位 畑中勇介(シマノレーシング)1時間47分14秒
2位 ヴィズィアック・マリウス(マトリックスパワータグ)
3位 大久保陣(Team UKYO)+01秒
4位 吉田隼人(シマノレーシング)
5位 木守望(AISAN Development Team U-26)
6位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(Team UKYO)
U23リーダー 西村大輝(シマノレーシング)

mihama

111名がスタートのP1クラスタ

mihama

中盤の8人の逃げ

mihama

終盤へ向け各チームがまとまる

mihama

畑中勇介(シマノレーシング)がゴールスプリントを制する

mihama

陶芸家、加藤嘉明氏より花瓶が贈られる

mihama

Jプロツアー表彰


【Jフェミニンツアー】
9周する女子は5周目の上りで坂口聖香(パナソニックレディース)のアタックをきっかけに5人の先頭集団を形成。この5人でのゴール勝負となり、これを吉川美穂(Team ASAHI)が制し優勝。

結果
Fクラスタ 33.75km

1位 吉川美穂(Team ASAHI)1時間01分56秒
2位 坂口聖香(パナソニックレディース)+01秒
3位 金子広美(イナーメ信濃山形-EFT)

Jフェミニンリーダー 豊岡英子(パナソニックレディース)

mihama

逃げ続ける5人の先頭集団

mihama

吉川美穂(Team ASAHI)が5人のゴールスプリントを制する

mihama

Jフェミニンツアー表彰


写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟



10/12 コミュニケ-2を掲載。
10/09 コミュニケ-1を掲載。
10/08 スタートリストを掲載。
10/02 レーサーリストを掲載。
09/19 実施要項を掲載し、エントリーを開始(締切は9/29)。


【公道の走行について(試走時など)】


美浜町より、昨年、試走のために事前に訪れたと思われる選手の中に、マナーの悪い走行をする選手がいたとのご指摘を受けています。JBCF加盟登録のチーム、選手を特定されたわけではありませんが、今一度、JCFサイトに掲出されている「公道上における安全走行」を読み、JBCF加盟登録のチーム、選手は、未登録レーサーの模範となる行動をお願いいたします。

■JCFサイト内
公道上における安全走行について

【宿泊のご案内】


美浜町より、チーム、選手の皆様に、宿泊について一泊につき一人1,000円の割引クーポンをご用意いただきました。
「宿泊施設 一覧」記載の宿泊施設に、直接電話予約したうえで、クーポン申込書(エクセルファイル)をダウンロードし、必要事項を記入の上、 美浜町役場企画政策課へお申し込みください。クーポン券の申込期限は、平成25年10月9日(水)午後5時まで。
※条件や申込方法その他詳細は「宿泊施設 一覧」の注意事項をご参照ください。 (2013.7.24)

以上