MENU
RACE
協賛
関連団体

幕張クリテリウム


2013.3.24.(日)
第2回 JBCF 幕張クリテリウム
JBCFロードシリーズ
 ●Jエリートツアー第1戦
 ●Jフェミニンツアー第1戦


【大会リポート】

Jエリートツアー第1戦/Jフェミニンツアー第1戦
『第2回JBCF幕張クリテリウム』

日付 2013年3月24日
会場 千葉県千葉市美浜区美浜 千葉県立幕張海浜公園
距離 1.7km/1周 E1:51km E2:42.5km E3:34km F:25.5km

【JBCF幕張クリテリウム】
第2回JBCF幕張クリテリウムが千葉市美浜地区にある幕張海浜公園内に1周1.7kmの特設コースにて開催された。本大会は2013年度JBCFエリートツアー第一戦、JBCFフェミニンツアー第一戦として位置づけられる大会で、各カテゴリー総勢350人で争われた。

Jフェミニンツアー決勝 15周/1.7km 25.5km

 今期初のシスターローズジャージ奪取を目指す今大会は、19名の選手によってスタートした。
 前半は人数を揃えるReady Go Japanとシクロクラブの牽制の中で、GROWING racing team の松永選手やARAIMURAKAの武田選手が果敢に引っ張って行く展開。中盤、レースを強力に動かしたのはシクロクラブの前田選手。積極的に抜け出し展開を作る。
 しかし、Ready Go Japan の赤塚選手の追走を受けレースは振り出しに戻り終盤へ、ラスト4周に入るとReady Go Japanの伊藤選手が単独アタックに成功。力強い踏み込みで追走に間隔を詰めさせない。
 ラスト2周で捕まると、この追走で11名に減った集団から満を持して、Ready Go Japanの米田選手がゴールに向けてスプリント。2着の西塚選手と2車身あまり離して優勝。2013年最初のシスターローズジャージを手に入れる事となった。

makuhari makuhari


makuhari makuhari



Jエリートツアー E3決勝 20周/1.7km 34km

 5組にわたる予選を勝ち残った45名の選手によってクラスタE3決勝はスタートした。数多くのチームの選手が揃う中でも、決勝に5人送り込んでいるブラウブリッツェンが注目のレース。
 しかし、前半レースを大きくリードしたのは、予選でも走りが光ったDOKYU HOKKAIDO 斉藤選手とSPACE ZEROPOINT清水選手。16秒のタイムギャップを保ちながら中盤まで逃げ続ける。後方を組織するのは、ブラウブリッツェンや東海大学勢、Racing CUBEの関谷選手あたりが強力に追走体制に入る。
 残り3周で先頭2人吸収されて間もなく、なんと再びSPACE ZEROPOINTの清水選手がアタックと気力の走り。ラスト一周を前に再び集団となるとスタート地点を通過するのはチバポンズの柳瀬選手。ゴールスプリントへ向け、集団のテンションが高まって行く。
 そして真っ白い2人のジャージを先頭にゴールに飛び込んで来たのは、BALBAの寺崎選手と新村選手が華麗なワンツーフィニッシュを遂げた。そして3位には、本大会を殆ど逃げ続けたSPEACE ZEROPOINTの清水選手となった。

makuhari makuhari


makuhari makuhari



Jエリートツアー E2決勝 25周/1.7km 42.5km

 3組の予選を勝ち抜いた45名の選手によりクラスタE2決勝はスタート。前半はシクロクラブの相川選手が単独逃げを敢行しレースをリードする展開。残り14周相川選手が吸収されるとカウンターでEQADSの19歳萩原選手が単独でスパート。5秒差のタイムギャップを保ち踏み続ける。
 後方集団ではラバネロ小林選手、ブラウブリッツェンの向田選手、チームアヴェルの大橋選手が追走に力を入れる。残り9周で吸収されると再び前半をリードしたシクロクラブの相川選手がアタック。展開の隙をうまくついたエスケープは残り2周では25秒まで広がった。
 決定的な差になってしまった後方集団は、2位争いのスプリントに切り替え、牽制気味となる。相川選手がラスト1周のスタートラインを踏んでから22秒後、一列棒状になった集団の先頭を渾身の力で通過するのは大福屋の濱野選手。
 そしてゴールは、華々しく相川選手が片手を上げて優勝。2位争いはTEAM YOU CANの大塚潤選手に軍配があがった。

makuhari makuhari


makuhari makuhari



Jエリートツアー E1決勝 30周/1.7km 51km

 本大会のファイナルレースは、Jエリートツアーの最高峰となるE1クラスタ決勝。2組の予選を勝ち上がった46名でネクストイエロージャージを争うこととなった。
 レース巧者の揃うこのクラスでは、スピードが高いのも相まってエスケープを試みるもなかなか許されない厳しいレース展開となった。そんな中果敢にもレースをリードしたのは、イナーメ信濃山形-EFTの二俣選手。一列棒状で追走する集団にもなかなか追いつかせない力強さで単独で逃げ続ける。チームスキップの相原選手や阿部選手、ARAI MURAKA武田選手、BREZZA高木選手などが集団から先頭へ少人数で加わろうとブリッチという展開を作り出そうと何度も試みる。
 後方から更にアクアタマの飯島選手、山口選手、秋山選手が追走をかけると、逃げていた二俣選手を吸収しながらも次に大きな流れを作り出すきっかけとなる動きがうまれる。レース後半、飯島選手、武田選手、なるしまフレンド江本選手、そして前半を盛り上げた二俣選手を含む強力なグループが形成されるも、追走の力走で再び吸収。
 この隙をついて抜け出しに成功したのがなるしまフレンド若生選手。単独で1周逃げるも、残り4周でブリッチに成功した飯島選手、高木選手、チームアヴェルの豊田選手によって追いつかれる。後方はアクアタマ勢が抑えに回っている様子。しかし、ラスト2周で再び一つとなった集団はゴールスプリントへ向け位置撮り争いが激しくなる。
 ゴール150m先頭に見えて来たのは明治大学の末永選手と市山選手に挟まれた飯島選手。そしてレースを僅差で制したのは明治大学の市山選手となり、2013年度最初のネクストイエロージャージに袖を通す事になった。


makuhari makuhari


makuhari makuhari


makuhari makuhari


makuhari makuhari


写真・文:Yosuke Suga

3/24 リザルトを掲載しました。
3/22 事務局からのお知らせ

大会参加にあたっての諸注意

A)必ずスタートリストで自分のゼッケン番号を確認(受付時に必要)し、
大会実施要項」、「JBCF GUIDE 2013-2 <競技編>」およびコミュニケ等を再確認すること。

B)受付時のライセンス提示について
大会実施要項にあるように『JBCF GUIDE 2013-2 <競技編>』の「大会実施要項共通項目」を参照のこと。
なお、2012年度から継続してJCFライセンスを取得している選手は、2012年度のライセンスを持参する事。2013年度のライセンスでも可とする。
※「JBCF GUIDE 2013-2 <競技編>」の一部を下に記すが、かならず各選手が大会参加の前に全項を再確認すること

3.参加資格
(1)2013年度登録完了者、及びJBCFが特別に認めた者
注)JBCF登録の前提となる(財)日本自転車競技連盟の競技者ライセンス取得の申請済みで、発行が未済の場合、申請を示す書類(申請控え等)を大会受付に提示し、JBCFが認定した場合は、本大会への参加が可能。

5.競技規則詳細
(1)JCFライセンス不携帯
大会へのライセンス不携帯(申請書の控えはライセンスの代わりとなる)については、「JCFの競技規則、第2章、第5条、(2)」の対象となり参加費と同額のペナルティを支払えばそのレースの出走を許可する。(※選手の登録状況は大会受付で調べるので写真付の身分証を提示すること)
(2)受付時にはライセンスの確認をする。競技終了後には必ずフレームプレート、計測タグを返却すること。
計測タグ等を返却しない場合は実費請求とする。(ボデイ布ゼッケンは返却不要)
※なお受付時には計測タグ、フレームプレ-トとボディゼッケンを配付する。(ボディゼッケン用の安全ピンは必要な者にのみ配布する)
…(以下略)

3/22「事務局からのお知らせ」以上  


3/15 スタートリスト(組分け)を掲載しました。
3/15 コミュニケ-3(レーススケジュール変更)を掲載しました。
3/12 コミュニケ-2(受付時間)を掲載しました。
3/11 レーサーリストを掲載しました。
3/08 コミュニケ-1(特別配点)を掲載しました。
3/08 コースマップを掲載しました。
3/03 エントリーを開始しました。エントリー締切は3/10です。