MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

石川サイクルロードレース


2013.7.14
第12回 JBCF 石川サイクルロードレース
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第9戦
 ●Jエリートツアー第18戦
 ●Jフェミニンツアー第16戦
 ●Jユースツアー第3戦



【大会リポート】

Jプロツアー第9戦
『第12回JBCF石川サイクルロードレース 東日本大震災復興支援大会』

日付 2013年7月14日
会場 福島県石川町・浅川町周回コース
距離 13.6km/周

【Jプロツアー】
逃げをつくり牽引した阿部嵩之が圧倒

名コースの公道レースとして名高い福島・石川ロードは今年で12回目。東日本大震災後からは震災復興支援大会として位置づけられ、多くの参加者と、歓迎する地元で今年も盛況の大会に。現役サイクリストでもある岩城光英参議院議員と、加納武夫石川町長も会場に。

学校法人石川高校前をスタートした集団は石川町内をパレード、周回コースに入ってから正式スタートに。P1クラスは8周115.8kmのレース。すぐに2人が抜け出し、さらに1周目後半に阿部嵩之(Team UKYO)らが合流して6人の逃げ集団に。

5周目にこの逃げが吸収され新たに7人の逃げができる。阿部、堀孝明・鈴木近成(宇都宮ブリッツェン)、内野直也(EQA U23)、大場政登志(cannondale championsystem)、池部壮太(マトリックスパワータグ)そして小畑郁(なるしまフレンドレーシングチーム)だ。差は1分以上に広がる。

終盤に向けてその差は20秒にまで縮まるがこの間隔で均衡を保つ。最終周回に入ってもメイン集団はスピードの上下を繰り返すが差は縮まらず、先頭集団でのラスト4kmの登坂勝負に。ゴール前まで競り合い、スプリントのすえ阿部が優勝。メイン集団は7秒差で鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)を先頭にゴール。


結果 P1 115.8km

1位 阿部嵩之(Team UKYO)3時間07分28秒
2位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)
3位 内野直也(EQA U23)+02秒
4位 鈴木近成(宇都宮ブリッツェン)+03秒
5位 大場政登志(cannondale championsystem)+06秒
6位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)+07秒

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(Team UKYO)
U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

【Jフェミニンツアー】

結果 F 40.8km

1位 西加南子(LUMINARIA)1時間17分34秒
2位 下澤千亜紀(Team anterior)
3位 前田愛(TEAM SANREMO)+01秒

Jフェミニンツアーリーダー 豊岡英子(パナソニックレディース)

ishikawa

学校法人石川高校前をスタートし石川町内をパレード走行

ishikawa

1周目後半に追走グループを作る阿部嵩之(Team UKYO)

ishikawa

ユースクラス、ゴールへ向かう先頭4人

ishikawa

ユースクラス、石上優大(横浜高校自転車競技部)が優勝

ishikawa

終盤にメイン集団のペースメイクをする鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)と狩野智也(Team UKYO)

ishikawa

ゴールへ向かう先頭集団

ishikawa

逃げをつくり牽引してきた阿部嵩之(Team UKYO)が優勝

ishikawa

女子は3周の戦い

ishikawa

女子は西加南子(LUMINARIA)が優勝

ishikawa

P1クラス表彰

ishikawa

女子表彰

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟  

 




7/25 コミュニケ-3(リザルト正式版について)を掲載。
7/08 コミュニケ-2(JPT優先駐車、補給、病院)を掲載。
7/04 コミュニケ-1(当日の受付時間)を掲載。
7/03 マップ(パレードコース、迂回路、会場図、交通規制)を掲載。
7/02 レーサーリストを掲載。
6/20 実施要項を掲載し、エントリーを開始しました。締切は6/30(日)。