MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

伊吹山ヒルクライム


2013.4.14
第4回 JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第1戦
 ●Jエリートツアー第3戦
 ●Jフェミニンツアー第3戦


【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第1戦
『第4回JBCF伊吹山ドライブウェイヒルクライム

日付 2013年4月14日
会場 岐阜県不破郡関ヶ原町 伊吹山ドライブウェイ
距離 全長15km、標高差1035m

【Jプロツアー】
「ホセ・ビセンテ(TeamUKYO)が大差で開幕戦を制する

2013年Jプロツアー開幕戦は3年ぶり開催の伊吹山ドライブウェイヒルクライム。平均7%の斜度だが緩急があり数字以上に厳しいコース。2010年開催時は積雪のため12km地点がゴールに。終点まで走る実業団最高クラスのレースは当日が初めて。

朝から晴天に恵まれ暖かさも感じられる中、P1クラスが料金所からスタート。序盤は単独のアタックが見られるが、やがて土井雪広(TeamUKYO)が抜け出し、これにホセ・ビセンテ(TeamUKYO)と飯野智行(宇都宮ブリッツェン)が合流、3人の先頭に。ここからホセがアタックして早くも3km地点から後続を一気に離して独走に。

後続はTeamUKYOや山本和弘(cannnondale chanmpionsystem)がペースを作るがもはや2位狙いの動きに。12km地点を過ぎてから土井が抜け出すが後続もやがて吸収。いっぽう先頭のトリビオは快走して圧倒的な力を見せてゴール。2位争いは2分39秒遅れで飯野が先着。TeamUKYOのメンバーが前評判通りの強さを見せ、宇都宮ブリッツェンもチームとしての強さを見せた。

【Jフェミニンツアー】
女子は金子広美(イナーメ信濃山形-EFT)が序盤から独走、2日前にツアー・オブ・タイランドから帰国した疲れも見せず、男子顔負けの51分29秒で優勝

結果
P1 15km
 1位 ホセ・ビセンテ(TeamUKYO)40分01秒
 2位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)+2分39秒
 3位 土井雪広(TeamUKYO)+2分43秒
 4位 狩野智也(TeamUKYO)+2分48秒
 5位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)+3分07秒
 6位 山本和弘(cannnondale chanmpionsystem)+3分11秒

 Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(TeamUKYO)
 U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン

F 15km
 1位 金子広美(イナーメ信濃山形-EFT)51分29秒
 2位 前田愛(TEAM SANREMO)+7分20秒
 3位 吉川美穂(Team ASAHI)+9分24秒

 Jフェミニンリーダー 吉川美穂(Team ASAHI)

ibukiyama

開幕戦だけあって新しいジャージをまとう選手も多い

ibukiyama

メイン集団を引くTeamUKYO勢

ibukiyama

市民レーサーから声援を受ける2位集団

ibukiyama

先頭を独走するホセビセント・トリビオ(TeamUKYO)

ibukiyama

ホセビセント・トリビオ(TeamUKYO)が2位に2分39秒の大差をつけて圧勝

ibukiyama

P1表彰

ibukiyama

Jプロツアーリーダー ホセビセント・トリビオ(TeamUKYO)とU23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

ibukiyama

Jエリートツアーのネクストイエロージャージは今井雄輝(EURO-WORKS Racing)

ibukiyama

F表彰、優勝は金子広美(イナーメ信濃山形-EFT)、Jフェミニンリーダーは吉川美穂(Team ASAHI)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 

4/11 コミュニケ-1を掲載。

4/12 事務局からのお知らせ

大会参加にあたっての諸注意

A)必ずレーサーリストで自分のゼッケン番号を確認(受付時に必要)し、
大会実施要項」、「JBCF GUIDE 2013-2 <競技編>」およびコミュニケ等を再確認すること。

B)受付時のライセンス提示について
大会実施要項にあるように『JBCF GUIDE 2013-2 <競技編>』の「大会実施要項共通項目」を参照のこと。
※「JBCF GUIDE 2013-2 <競技編>」の一部を下に記すが、かならず各選手が大会参加の前に全項を再確認すること

3.参加資格
(1)2013年度登録完了者、及びJBCFが特別に認めた者
注)JBCF登録の前提となる(財)日本自転車競技連盟の競技者ライセンス取得の申請済みで、発行が未済の場合、申請を示す書類(申請控え等)を大会受付に提示し、JBCFが認定した場合は、本大会への参加が可能。

5.競技規則詳細
(1)JCFライセンス不携帯
大会へのライセンス不携帯(申請書の控えはライセンスの代わりとなる)については、「JCFの競技規則、第2章、第5条、2(2)」の対象となり参加費と同額のペナルティを支払えばそのレースの出走を許可する。(※選手の登録状況は大会受付で調べるので写真付の身分証を提示すること)
(2)受付時にはライセンスの確認をする。競技終了後には必ずフレームプレート、計測タグを返却すること。
計測タグ等を返却しない場合は実費請求とする。(ボデイ布ゼッケンは返却不要)
※なお受付時には計測タグ、フレームプレ-トとボディゼッケンを配付する。(ボディゼッケン用の安全ピンは必要な者にのみ配布する)
…(以下略)

4/12 「事務局からのお知らせ」 以上  


4/02 レーサーリストを掲載。
3/19 エントリーを開始しました。締切は3/31(日)です。


-->