MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

輪島ロードレース


2012.10.28
第5回 JBCF 輪島ロードレース
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第17戦
 ●Jエリートツアー第25戦
 ●Jフェミニンツアー第24戦


【大会リポート】

Jプロツアー第17戦
『第5回JBCF輪島ロードレース』

日付 2012年10月28日
会場 石川県輪島市門前町周辺
距離 12.6km周回コース 7周+0.4km=88.6km)

【Jプロツアー】
「最終戦は宇都宮ブリッツェン飯野智行が自身初優勝で締めくくる」

Jプロツアー最終戦として定着した輪島ロード。宇都宮ブリッツェンの飯野智行と増田成幸がワン・ツーフィニッシュで、チームの団体年間総合と増田の個人年間総合優勝に花を添えた

輪島のコースは大きな上りが2箇所ある周回をこなすもの。一つは短いが急坂、もう一つは緩い直線状。登坂力のあることが基本となる厳しいもの。加えてレースレイティングはAAと2番目に高く、最終戦とあいまって選手のモチベーションも高くなる

雨がちの天候のなか、総持寺祖院門前などをパレード走行した集団はすぐに登坂区間へ。阿部嵩之(シマノレーシング)が逃げるが2周目に吸収される。その後は上り区間でペースが上がり3周目には早くも先頭は7人に絞られる。飯野、増田、清水都貴・西薗良太・井上和郎(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)、平塚吉光(シマノレーシング)、窪木一茂(マトリックスパワータグ)だ。この7人で周回を重ねる。

均衡が崩れたのは6周目。まず飯野がアタック、半周ほどで吸収されると今度は増田がアタック。増田先頭で最終周回に入ると、後方から飯野が単独アタックして増田に合流。2人で残り半周を走りゴールへ。手を取り合った2人は飯野先頭でゴール。飯野は自身初のロードレースでの優勝を果たした。

3月のしもふさクリテリウムから始まった全17戦のJプロツアーは、この輪島ロードで今年度の全スケジュールを終了。年間総合優勝は、個人が増田、U23は安原大貴(マトリックスパワータグ)、そして賞金100万円の団体は宇都宮ブリッツェンが獲得した。


結果
P1 88.6km
1位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)2時間35分07秒
2位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+01秒
3位 清水都貴(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)+43秒
4位 西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)+1分36秒
5位 平塚吉光(シマノレーシング)+2分17秒
6位 窪木一茂(マトリックスパワータグ)+3分32秒

年間総合成績
個人総合
1位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)12700点
2位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)10926点
3位 初山翔(宇都宮ブリッツェン)8102点

U23賞 1位 安原大貴(マトリックスパワータグ)

団体総合
1位 宇都宮ブリッツェン 38075点
2位 cannondale spacezeropoint 20028点
3位 マトリックスパワータグ 19977点
4位 TeamUKYO 19076点
5位 シマノレーシング 17677点
6位 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム 12526点

F 25.6km
1位 西加南子(LUMINARIA)53分23秒
2位 長谷川馨(Nasu Fan Club)+39秒
3位 星川恵利奈(湘南ベルマーレクラブ)+1分16秒

Jフェミニンリーダー 高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

wajima

総持寺祖院門前をパレード

wajima

6周目、飯野智行(宇都宮ブリッツェン)がアタック、清水都貴(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)らを振り払う

wajima

最終周回、先行した増田成幸(宇都宮ブリッツェン)に飯野智行(同)が追いつく

wajima

飯野智行(宇都宮ブリッツェン)と増田成幸(同)がワン・ツーフィニッシュ

wajima

U23年間総合優勝は安原大貴(マトリックスパワータグ)

wajima

年間個人総合優勝の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)に漆塗りのトロフィが贈られる

wajima

圧倒的な差で年間団体総合優勝を獲得の宇都宮ブリッツェン

wajima

1周目から独走して優勝の西加南子(LUMINARIA)

 

【JBCF事務局からのお知らせ】


1. 臨時駐車場のご案内 (2012.10.22)
臨時駐車場をご案内いたします。なお、駐車場が不足しております。できるだけ、乗り合わせてお越しください。

臨時駐車場マップ(PDF)

2. JPT優先駐車場のご案内 (2012.10.22)
JPTの上位7チームについて、表彰会場への優先駐車を実施します。
(宇都宮ブリッツェン、cannondale spacezeropoint、マトリックスパワータグ、TeamUKYO、シマノレーシング、ブリヂストン アンカー サイクリングチーム、パールイズミ・スミタ・ラバネロ)
詳細は対象チームへメールにて連絡済みですので、不達のチームは事務局までご連絡ください。