MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

タイムトライアル南紀白浜


2012.4.7
第1回 JBCF タイムトライアル南紀白浜
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第2戦
 ●Jエリートツアー第2戦
 ●Jフェミニンツアー第2戦


【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第2戦
 『第1回JBCFタイムトライアル南紀白浜』

日付 2012年4月7日(土)
会場 旧南紀白浜空港跡地(滑走路周回1.5kmコース)
距離 15km(1.5km×10周回)

【Jプロツアー】
初のチームTTはcannondale spacezeropointが制する
鈴木真理がJPTリーダーに

JPT(Jプロツアー)第2戦は、初のチームタイムトライアル。NPO法人SPORTS PRODUCE熊野の主催、JBCF共催で行われた。
当日は終日風速8mの強風が吹くコンディション。1.5kmを10周走る15kmのレース。2チームが1分差スタートで計8ヒート、合計16チームが出走した。
第1ヒートで出走したのはcannondale spacezeropointとTeam UKYO。両チームとも今年からコンチネンタル登録して活動を開始。開幕戦で2位3位の両チームは、好調さをそのままに接戦を繰り広げた。
序盤はTeam UKYOがリード、だが終盤にcannondale spacezeropointが挽回、わずか2秒差で先着。強風の中、平均時速45キロを記録した。
この2チームの記録はその後も破られず、最終第8ヒートの宇都宮ブリッツェンも序盤は記録更新のペースだったが徐々に遅れ3位に。

この結果、優勝したcannondale spacezeropointの鈴木真理が、個人としてのJPTリーダーとなった。

成績

【P1クラスタ】チームトライアル 15km
1位 cannondale spacezeropoint 20分00秒33
2位 Team UKYO +02秒
3位 宇都宮ブリッツェン +19秒
4位 CIELVO NARA PRO CYCLINGTEAM +49秒
5位 パールイズミ・スミタ・ラバネロ +50秒
6位 Team MASSA-ANDEX +55秒

【 F(女子)クラスタ】 個人タイムトライアル 1.5km
1位 高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin) 2分20秒17

shuzenji

2位のTeam UKYO

shuzenji

優勝したcannondale spacezeropoint。強風下で平均時速45kmを記録

shuzenji

3位の宇都宮ブリッツェン。先頭の増田成幸は昨年の個人TT優勝者

shuzenji

JPT表彰。6人まで出走で3人目のゴールが計時された

shuzenji

女子優勝の高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin

photo by Official Photographer Hideaki Takagi

 

[COMMUNIQUE No.1:2012.03.27]


1.コース距離の変更
 1周1.5kmとする。

2.タイムテーブルの変更
 JET、JFTの終了時間は『14:05』とする。
 JPTは『14:10開始』『17:20終了』とする。

3.競技方法の変更
 ■個人TT:距離は1.5kmコース×1周回=1.5kmで行う。
 ■チームTT:
  1/距離は1.5kmコース×10周回=15Kmで行う。
  2/スタートについては、1分ごとスタートで2チームずつをヒートを行う。
  3/合計8ヒートで計16チームが参加出来る

以上

【JBCF事務局からのお知らせ】


2.ライセンスについて(2012.04.06)
参加競技者は必ず2012年度ライセンスを持参してください。
2012年度ライセンスが届いていない選手は、必ず申請書控えを持参のこと(2011年ライセンスは不可)。

1.優先駐車について(2012.03.27)
本大会において、JPTの参加チーム全てに優先的に駐車する権利を付与いたします(各チーム2台分のスペース)。
駐車券等は別途、個別にチーム代表者宛てにメールにてご連絡いたします。