MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ


2012.9.22-23
第46回 JBCF 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ
第1回 JBCF 女子チャンピオンシップ
第1回 JBCF ジュニアユースロードチャンピオンシップ

JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第14戦
 ●Jエリートツアー第22戦
 ●Jフェミニンツアー第21戦
 ●Jユースツアー第4戦





【大会リポート】

Jプロツアー第14戦
『第46回経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ』

日付 2012年9月22日、23日
会場 広島県中央森林公園サイクリングコース
距離 12.3km周回コースx13周=159.9km

【第46回経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ】
全17戦のJプロツアーで最も格上のAAAランク付けされる大会。個人だけでなく団体優勝チームには輪翔旗が授与されるもので、今年で46回目を迎える歴史ある実業団ロードの頂上決戦。

コースは広島アジア大会を機に作られたアップダウンとカーブの多い、力とテクニックの両方の必要な名コース。1周目から安原大貴(マトリックスパワータグ)が逃げ、3周目には向川尚樹(マトリックスパワータグ)、普久原奨(宇都宮ブリッツェン)、吉田隼人(ブリヂストンアンカー)、入部正太朗(シマノレーシング)、遠藤績穂(cannondale spasezeropoint)、嶌田義明(TeamUKYO)の6人が逃げる。 参加すべてのコンチネンタルチームが入った逃げは容認されたが7周目には吸収されて再びアタックの応酬に。9周目に平塚吉光(シマノレーシング)が単独アタックするがこれも1周後に吸収。

11周目に入るホームストレートへの上りで初山翔(宇都宮ブリッツェン)がアタック、伊丹健治(ブリヂストンアンカー)がすぐ反応、そして地元出身の野中竜馬(シマノレーシング)も合流。さらに下りでマリウス・ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)が合流して4人の逃げが完成。メイン集団内の選手たちは協調した追走を作れず、4人の逃げが決定的に。

最終周回、上りで伊丹がアタックするが4人そのままでゴールスプリントへ。これをスプリントに長けるヴィズィアックが制して優勝。ヴィズィアックは2009年の同大会を集団スプリントで制しており、個人としては2勝目。チームとしては昨年のヴィンチェンツォ・ガロッファロに続いて2連勝。 上位3人の成績で決まる団体成績は宇都宮ブリッツェンが優勝、栄えある輪翔旗が授与された。

【第1回JBCF女子チャンピオンシップ】
今年から新設された、女子のチャンピオンを決めるレースは5周61.5kmで行われた。1周目から崎本智子(ナカガワAS.K'デザイン)、金子広美(イナーメ・アイランド信濃山形)、西加南子(LUMINARIA)らが積極的にレースをリード。崎本がペースを保ち、西が要所でそして金子が上りでペースアップする展開。6人となった最終周回、上りで金子がアタックするが6人のままで下り、ゴールスプリントへ。崎本が先行、すぐに金子がリード、そして西がゴール前で伸びて優勝。西は初代女王に。

【第1回ジュニアユースロードチャンピオンシップ】
ジュニア・ユース年代の実業団登録選手によって行われた、今年から設定されたタイトル。序盤は野島遊(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)が、その後は雨澤毅明(ブラウ・ブリッツェン)、岡篤志(cannondale spacezeropoint)、内野直也(湘南ベルマーレ)、谷内田涼(Team EURASIA)らが積極的に動く。そして小林海(SPACE ZEROPOINT)、14歳の大町健斗(チームサイクルプラス)が加わった6人でのゴール勝負へ。ロングスパートをかけた小林がこれを制し優勝。

結果
P1 159.9km
1位 マリウス・ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)4時間07分49秒
2位 初山翔(宇都宮ブリッツェン)
3位 伊丹健治(ブリヂストンアンカー)
4位 野中竜馬(シマノレーシング)
5位 井上和郎(ブリヂストンアンカー)+23秒
6位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)+24秒

Jプロツアーリーダー 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
U23リーダー 安原大貴(マトリックスパワータグ)

F 61.5km
1位 西加南子(LUMINARIA)1時間50分59秒
2位 金子広美(イナーメ・アイランド信濃山形)
3位 森本朱美(スミタ・ラバネロ)+01秒

Jフェミニンリーダー 高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)

Y 49.2km
1位 小林海(SPACE ZEROPOINT)1時間16分36秒
2位 岡篤志(cannondale spacezeropoint)
3位 谷内田涼(Team EURASIA)

Jユースリーダー 雨澤毅明(ブラウ・ブリッツェン)


写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

miyada

ジュニアユースロードチャンピオンシップ優勝の小林海(SPACE ZEROPOINT))

miyada

ジュニアユースロードチャンピオンシップ 表彰

miyada

JBCF女子チャンピオンシップ優勝の西加南子(LUMINARIA)

miyada

JBCF女子チャンピオンシップ表彰

miyada

経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ 広島空港を1周するコース

miyada

11周目に形成された4人の先頭集団。先頭はマリウス・ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)

miyada

ラスト3kmの攻防

miyada

マリウス・ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)が優勝

miyada

経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ表彰

miyada

経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ 団体表彰

miyada

Jプロツアーリーダー 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、U23リーダー 安原大貴(マトリックスパワータグ)



 



[COMMUNIQUE No.4:2012.09.20]


P1とE3の監督会議の時間変更について

9/23(日)の監督会議を下記のように時間を変更して実施する
P1=8:30~9:00
E3=13:00~13:30
※E2は7:00~7:30で変更ありません。

  以上


[COMMUNIQUE No.3:2012.09.20]


会場使用について

1・公園内の道路の走行について
 公園内の道路(特にバーベキュー広場前に留意)での高速走行は禁止する。
2・第9駐車場の使用を禁止する。また同駐車場及び運動広場(グランド)外周路での自転車のウォーミングアップ走行を禁止する。
3・9/21(金)の試走について
 9/21(金)に試走を希望する者は、公園センターのレンタサイクル窓口で必ず試走のための受付をすること(代表者がまとめて受付するのは不可)。
4・9/22(土)の競技終了後の試走
 9/22のE1レース終了後、17:00までのコースの試走を許可する。

  以上


[COMMUNIQUE No.2:2012.09.19]


救急搬送先病院について


【JBCF事務局からのお知らせ】


2.JPT優先駐車について (2012.9.19)
 1.P1の優先駐車は全チーム認める
 2.並び順はチームランキング順とする
 3.駐車場所はホームストレートの道路左端、表彰ステージ側から1位から順に並べる
 4.駐車面積は7mx7mとする
 5.事務局指定の駐車券をフロントガラスの内側に掲示すること

  以上

(参加22チームの2012.9.19.現在ランキング)


[COMMUNIQUE No.1:2012.09.13]


1.ドーピングコントロールについて (ロード)

本大会は、UCI並びにJCFアンチ・ドーピング規則により検査を実施します。検査に関する重要事項について、
項目毎に具体的に内容を以下に説明致しますので、不明な点がありましたら、検査室までお問い合わせください。

A.検査に関する競技者の責任:本大会に参加する競技者は自らの責任で、自身が検査の対象になっているかどう
かの確認を行ってください。具体的には、何らかの事情で*シャペロンからの通知がされなかったり、あるいは掲示がされな
かった場合にでも、自らの責任で検査室に出向き、自身が検査の対象になっているかどうかの確認をしてください
 *シャペロン:対象選手への通知から検査室までの誘導を担当する競技役員

B.検査対象選手:検査対象選手は、出走した選手全員が対象となります。仮に何らかの理由で競技を途中で中
止した場合でも、競技終了まぢかに対象選手を掲示しますので、それまでは帰宅しないようご協力ください。

C.検査対象選手への通知・掲示:検査対象選手への通知は、掲示とシャペロンにより行います。掲示は、検査室、
コミュニケボードに掲示します。

D.検査場所:検査は、JADA車両を使用し実施します。車両の配置場所はフィニッシュライン付近を予定して
いますが、詳細は監督会議で説明致します。

E.検査室への到着時間:検査対象となった選手は、シャペロンによる通知を受けてから30分以内に、写真付証
明書を携行し検査室に到着してください。

F. 摂取医薬品リストの提出:受付時に受領した摂取医薬品リストは、スタート前に作成し、出走サインをする際に担
当役員に提出してください(服用がない場合も"なし"と記入し作成)。 その際、競技者に連絡がつく連絡先を明記
することを忘れないでください(携帯電話等)。

   検査に対する競技者のご協力をお願い申し上げます。

                         平成24年9月13日
                         大会リードDCO 笠師 久美子


【JBCF事務局からのお知らせ】


1.ジュニアユース選手のエントリー (2012.09.13)
「Y」にエントリーした選手は、希望により「P1」または「エリート」のレースにも参加できることを認めます。
希望する選手は18日(火)中までに、チーム代表者よりメールにてJBCF事務局までご連絡ください。
なお、参加料につきましては1選手につきプラス3,000円となります。

以上