MENU
RACE
協賛
関連団体

経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ


2012.9.22-23
第46回 JBCF 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ
第1回 JBCF 女子チャンピオンシップ
第1回 JBCF ジュニアユースロードチャンピオンシップ

JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第14戦
 ●Jエリートツアー第22戦
 ●Jフェミニンツアー第21戦
 ●Jユースツアー第4戦




[COMMUNIQUE No.4:2012.09.20]


P1とE3の監督会議の時間変更について

9/23(日)の監督会議を下記のように時間を変更して実施する
P1=8:30~9:00
E3=13:00~13:30
※E2は7:00~7:30で変更ありません。

  以上


[COMMUNIQUE No.3:2012.09.20]


会場使用について

1・公園内の道路の走行について
 公園内の道路(特にバーベキュー広場前に留意)での高速走行は禁止する。
2・第9駐車場の使用を禁止する。また同駐車場及び運動広場(グランド)外周路での自転車のウォーミングアップ走行を禁止する。
3・9/21(金)の試走について
 9/21(金)に試走を希望する者は、公園センターのレンタサイクル窓口で必ず試走のための受付をすること(代表者がまとめて受付するのは不可)。
4・9/22(土)の競技終了後の試走
 9/22のE1レース終了後、17:00までのコースの試走を許可する。

  以上


[COMMUNIQUE No.2:2012.09.19]


救急搬送先病院について


【JBCF事務局からのお知らせ】


2.JPT優先駐車について (2012.9.19)
 1.P1の優先駐車は全チーム認める
 2.並び順はチームランキング順とする
 3.駐車場所はホームストレートの道路左端、表彰ステージ側から1位から順に並べる
 4.駐車面積は7mx7mとする
 5.事務局指定の駐車券をフロントガラスの内側に掲示すること

  以上

(参加22チームの2012.9.19.現在ランキング)


[COMMUNIQUE No.1:2012.09.13]


1.ドーピングコントロールについて (ロード)

本大会は、UCI並びにJCFアンチ・ドーピング規則により検査を実施します。検査に関する重要事項について、
項目毎に具体的に内容を以下に説明致しますので、不明な点がありましたら、検査室までお問い合わせください。

A.検査に関する競技者の責任:本大会に参加する競技者は自らの責任で、自身が検査の対象になっているかどう
かの確認を行ってください。具体的には、何らかの事情で*シャペロンからの通知がされなかったり、あるいは掲示がされな
かった場合にでも、自らの責任で検査室に出向き、自身が検査の対象になっているかどうかの確認をしてください
 *シャペロン:対象選手への通知から検査室までの誘導を担当する競技役員

B.検査対象選手:検査対象選手は、出走した選手全員が対象となります。仮に何らかの理由で競技を途中で中
止した場合でも、競技終了まぢかに対象選手を掲示しますので、それまでは帰宅しないようご協力ください。

C.検査対象選手への通知・掲示:検査対象選手への通知は、掲示とシャペロンにより行います。掲示は、検査室、
コミュニケボードに掲示します。

D.検査場所:検査は、JADA車両を使用し実施します。車両の配置場所はフィニッシュライン付近を予定して
いますが、詳細は監督会議で説明致します。

E.検査室への到着時間:検査対象となった選手は、シャペロンによる通知を受けてから30分以内に、写真付証
明書を携行し検査室に到着してください。

F. 摂取医薬品リストの提出:受付時に受領した摂取医薬品リストは、スタート前に作成し、出走サインをする際に担
当役員に提出してください(服用がない場合も"なし"と記入し作成)。 その際、競技者に連絡がつく連絡先を明記
することを忘れないでください(携帯電話等)。

   検査に対する競技者のご協力をお願い申し上げます。

                         平成24年9月13日
                         大会リードDCO 笠師 久美子


【JBCF事務局からのお知らせ】


1.ジュニアユース選手のエントリー (2012.09.13)
「Y」にエントリーした選手は、希望により「P1」または「エリート」のレースにも参加できることを認めます。
希望する選手は18日(火)中までに、チーム代表者よりメールにてJBCF事務局までご連絡ください。
なお、参加料につきましては1選手につきプラス3,000円となります。

以上