MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

幕張クリテリウム


2012.11.03(土)
第1回 JBCF 幕張クリテリウム
JBCFロードシリーズ
 ●Jエリートツアー第26戦
 ●Jフェミニンツアー第25戦


【大会リポート】

Jエリートツアー第26戦/Jフェミニンツアー第25戦
『第1回JBCF幕張クリテリウム』

日付 2012年11月3日
会場 千葉県千葉市美浜区美浜 千葉県立幕張海浜公園
距離 1.7km/1周 E1:45.9km F:27.2km

【JBCF幕張クリテリウム】
JBCFで初開催の幕張海浜公園でのクリテリウム。隣接する幕張メッセでサイクルモードインターナショナル2012が開催中で、AEON幕張サイクルフェスタ2012の第1日目として行われた

朝から快晴の絶好の天候の下、各クラス予選を勝ち抜いた選手たちで決勝が行われた。E1は常に数人が逃げる積極的な展開。ラスト4周で単独抜け出したのは、9月の全日本実業団ロードのユースクラス優勝の小林海(SPACE ZEROPOINT)。2周にわたって逃げるが吸収、ゴールは終始チームで攻めた明治大学自転車部の市山襄が圧倒的スプリントで優勝。

女子は豊岡英子(パナソニックレディース)とJフェミニンリーダーの高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)の戦いが注目に。強豪選手が仕掛けるが集団のままゴールへ。積極的に走った豊岡が高橋を下して優勝。

年間表彰は、会場を開催中のサイクルモードインターナショナルのメインステージに移して行われた。各クラスの表彰が多くの観客の前で行われ、今年のJプロツアーを席巻した宇都宮ブリッツェンへはひときわ大きい声援が送られた。

翌11月4日にはサイクルモードインターナショナルのファイナルイベントとして恒例の、個人タイムトライアル選手権が行われた。すべてJBCFの現役&OB選手の7人で、廣瀬佳正、増田成幸、初山翔、飯野智行(宇都宮ブリッツェン)、畑中勇介(シマノレーシング)、西薗良太(ブリヂストンアンカー)そして三船雅彦(Team MASSA-ANDEX監督)が出場、畑中がトップタイムで優勝した。

トップクラスのJプロツアーは年間17戦、Jフェミニンツアーは25戦、そしてJエリートツアーは何と26戦が行われた2012年シーズン。
JBCFでは年内に来シーズンの計画を発表します。2013年度も引き続きご期待ください。


結果
E1 45.9km
 1位 市山襄(明治大学自転車部)1時間01分20秒
 2位 鈴木久仁寛(チーム・アヴェル)
 3位 小林宏志(Honda R&D 栃木)
 4位 島沢由紀夫(ミソノイレーシングチーム)+01秒
 5位 豊田勝徳(チームアヴェル)
 6位 阿部健弥(チームスキップ)

F 27.2km
 1位 豊岡英子(パナソニックレディース)40分58秒
 2位 高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)
 3位 米田和美(Ready Go JAPAN)

年間総合成績

Jプロツアー
個人総合 
 1位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)12700点
 2位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)10926点
 3位 初山翔(宇都宮ブリッツェン)8102点

 U23賞 1位 安原大貴(マトリックスパワータグ)

団体総合
 1位 宇都宮ブリッツェン 38075点
 2位 cannondale spacezeropoint 20028点
 3位 マトリックスパワータグ 19977点
 4位 TeamUKYO 19076点
 5位 シマノレーシング 17677点
 6位 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム 12526点


Jユースツアー
個人総合
 1位 雨澤毅明(ブラウ・ブリッツェン)

Jフェミニンツアー
個人総合
 1位 高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)

Jエリートツアー
個人総合
 1位 井上人志(クラブシルベスト)

団体総合
 1位 クラブシルベスト

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

makuhari

Fクラス優勝の豊岡英子(パナソニックレディース)

makuhari

初開催地の幕張海浜公園。隣接の幕張メッセではサイクルモードインターナショナルが開催中

makuhari

E3クラスは萩原慎也(NAMAZU PLUS TOCHIGI)が優勝

makuhari

E2クラスは柳瀬慶明(チームアヴェル)が優勝

makuhari

E1クラスは市山襄(明治大学自転車部)が優勝

makuhari

Jユースツアー個人総合1位は雨澤毅明(ブラウ・ブリッツェン)

makuhari

Jフェミニンツアー個人総合1位は高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)

makuhari

Jエリートツアー個人総合1位は井上人志(クラブシルベスト)

makuhari

Jエリートツアー団体総合1位はクラブシルベスト

makuhari

JプロツアーU23賞1位は安原大貴(マトリックスパワータグ)

makuhari

Jプロツアー個人総合上位3人は増田成幸ら宇都宮ブリッツェン勢

makuhari

プロツアー団体総合1位は宇都宮ブリッツェン

makuhari

サイクルモードインターナショナル恒例の個人タイムトライアル選手権。優勝の畑中勇介(シマノレーシング)

makuhari

サイクルモードインターナショナル恒例の個人タイムトライアル選手権。出場選手と支えた方々