MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

石川サイクルロードレース


2012.7.15
第11回 JBCF 石川サイクルロードレース
JBCFロードシリーズ
 ●Jプロツアー第10戦
 ●Jエリートツアー第18戦
 ●Jフェミニンツアー第16戦
 ●Jユースツアー第2戦





【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第10戦
『第11回JBCF石川サイクルロードレース』
 東日本大震災復興支援大会」

日付 2012年7月15日(日)
会場 福島県石川町・浅川町周回コース
距離 13.6kmx8周+7km=115.8km

東北の夏を代表する公道レースが、この石川サイクルロードレース。福島県石川町にある名門校の学校法人石川高校の正門が、このレースのスタート地点だ。 そして未曾有の被害のあった東日本大震災。この石川町も例外ではないが、被災地でありながらいっぽうで他所の被災者を支援している自治体だ。 岩城光英参議院議員(福島県自転車競技連盟会長、日本トライアスロン連合会長)、加納武夫石川町長も会場を訪れ、選手たちを歓迎する。 学法石川高校前をスタートした選手たちは石川町内をパレード走行。周回コースに入ってから正式スタートに。梅雨明けがまだなため強い日差しは無いが、気温も湿度も高く厳しいレースに変わりない。

石川ロードはアップダウンのある厳しい名コースが舞台。長めの上りと短い上りが組み合わさったもので、過去の優勝者はヒルクライマータイプが多い。

序盤からアタックの応酬になる。積極的なのはVAX RACING、マトリックスパワータグら。1周近く続く逃げもあるがすべて吸収される。最多8人出場の宇都宮ブリッツェンは逃げを吸収する動き。

レースが動いたのは5周目。宇都宮ブリッツェン勢がペースを上げて集団を一列棒状にする。さらに長い上り区間でもペースを上げて、それまで逃げていた選手を吸収するように9人の先頭集団を作る。宇都宮ブリッツェンは増田成幸、飯野智行、中村誠、普久原奨、初山翔の5人。Team UKYOは狩野智也と辻善光。さらには鈴木真理(cannondale spacezeropoint)、黒岩信允(VAX RACING)。

8周目後半から宇都宮ブリッツェン勢が攻撃を仕掛ける。なかでも中村そして普久原の攻撃は強力で、反応する鈴木と狩野は脚をそがれていく。ゴールまでの長い上りで先行していた普久原が近づいたときに増田がアタック、独走態勢に持ち込む。後方では鈴木が追走するがそれに飯野が反応、さらに飯野が先行して増田に追いつき、増田先頭でワン・ツーフィニッシュ。 宇都宮ブリッツェン勢はこれでJプロツアー5連勝。ヒルクライム2勝とロードレース3勝。実業団ロード系の次のレースは8月18日の湾岸クリテリウムだ。

結果
1位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)3時間04分17秒
2位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)
3位 中村誠(宇都宮ブリッツェン)+31秒
4位 鈴木真理(cannondale spacezeropoint)+37秒
5位 狩野智也(TeamUKYO)+41秒
6位 普久原奨(宇都宮ブリッツェン)+47秒

Jプロツアーリーダー 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
U23リーダー 安原大貴(マトリックスパワータグ)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

shuzenji

石川町内をパレード

shuzenji

ジュニア+実業団ユースクラス、先頭の佐々木堅次(白河実業高)が優勝

shuzenji

5周目、集団のペースを上げる宇都宮ブリッツェン勢

shuzenji

7周目、攻撃する普久原奨(宇都宮ブリッツェン)

shuzenji

ゴールへ向かう増田成幸(宇都宮ブリッツェン)

shuzenji

増田成幸と飯野智行(宇都宮ブリッツェン)がワン・ツー

shuzenji

女子、高橋奈美(Vitesse-Serotta-Feminin)が優勝

shuzenji

P1クラス表彰

shuzenji

Jプロツアーリーダー 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、U23リーダー 安原大貴(マトリックスパワータグ)

shuzenji

女子表彰

 



[COMMUNIQUE No.1:2012.07.11]


1.クラスタ『Y』のポイントは以下の通りとする


(2012.07.12.付記)
また、高校生との混走でのレースとなるがポイントについては着順通りのポイントを配点する。


【JBCF事務局からのお知らせ】

(2012.07.11)

1.JPT優先駐車について
参加チームの上位12チームに優先駐車を認める。場所はマップ参照