MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
美浜クリテリウム 10.26 美浜クリテリウム NEW!
きらら浜クリテリウム 10.26 きらら浜クリテリウム
大星山ヒルクライム 10.25 大星山ヒルクライム
輪島ロード 10.12 輪島ロード
いわきクリテリウム 10.04-05 いわきクリテリウム
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
大臣旗ロード 09.20-21 大臣旗ロード NEW!
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム NEW!
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ NEW!
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム NEW!
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

加東ロードレース


2011.9.11
第5回 JBCF 加東ロードレース
JBCFロードシリーズ
 ●JPT(Jプロツアー) 第13戦
 ●JET(Jエリートツアー) 第20戦
 ●JFT(Jフェミニンツアー) 第20戦

katou

福田真平(愛三工業レーシングチーム)がスプリントを制す[photo by Official Photographer Hideaki Takagi]


【大会リポート】

JBCFロードシリーズ Jプロツアー第13戦
『第5回 JBCF 加東ロードレース』

日付 2011年9月11日(日)
会場 兵庫県加東郡滝野町下滝野下ノ山1275-8 播磨中央公園内特設コース(1周7.8km) 
距離 93.6km(7.8km×12周回)

【Jプロツアー】
1周7.8kmのコースは平坦基調だが、アップダウンや連続する下りコーナーには、勾配の極端な箇所やヘアピンを含む。これまで、スプリンターと言われる選手の活躍が多く、スピードコースと言われている。
この時期の開催が恒例となった加東ロードレース。まだまだ残暑厳しく、朝から気温は30℃超え。午後からスタートとなるレースは、暑さとの戦いでもある。

スタート直後から動きが見られ、栂尾大知(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)のアタックをきっかけに6名の先行するグループが形成される。
栂尾、小坂光(宇都宮ブリッツェン)、原川浩介(湘南ベルマーレ)、伊藤翔吾(京都MASSA-FOCUS-SUPER B)、松尾修作(Fuji-Cyclingtime.com.japon)、井上無我(Esperance Stage/WAVE ONE・山口)

この6名の先頭グループは徐々にメイングループとの差を広げ、5周回完了時には3分近くまで広がる。レース後半に入る6周回目、メイングループは活性し始めペースが上がる。集団をコントロールするのは宇都宮ブリッツェン。続いてシマノレーシング、マトリックスパワータグもコントロールに加わり、一気に集団のペースは加速、9周回目には先頭グループとの差は1分30秒にまで縮まる。

尚も逃げ続ける先頭6名であったが、メイングループはシマノレーシングを中心に更に加速。残り2周回となる10周回目、それまで12分前後であったラップタイムを11分00秒と大きく上回りながら、メイングループはついに6名を吸収する。このペースアップにより、メイングループからは脱落者が続出。80名ほどであったグループは残り50名ほどに。

残り2周回、ひとつになった集団では、シマノレーシングと宇都宮ブリッツェンを中心に激しいアタック合戦が始まるが、なかなか決まらず、いよいよ最終周回へ。繰り広げられるアタック合戦に、常に集団は一列棒状と超高速状態。そのまま集団はゴールを迎え、集団での激しいゴールスプリント。見事制したのは、福田真平(愛三工業レーシングチーム)。2位にはツアー総合2位の畑中勇介(シマノレーシング)が入った。最終周回のラップタイムは10分10秒。

ツアー総合1位のルビーレッドジャージは引き続き増田。2位の畑中 勇介(シマノレーシング)は、このレースで更に僅差と迫る。ツアー残り2戦、次の第14戦はレースレイティングAAAの高ポイント設定であり、総合争いへの決め手となる可能性が高い。激しい戦いが予想される。


1位 福田 真平(愛三工業レーシングチーム) 2時間19分52秒
2位 畑中 勇介(シマノレーシング)
3位 WIESIAK Mariusz(マトリックスパワータグ)
4位 中村 誠(宇都宮ブリッツェン)
5位 小室 雅成(湘南ベルマーレ)
6位 岩島 啓太(なるしまフレンド レーシングチーム 八王子)
7位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン)
8位 鈴木 譲(シマノレーシング)
9位 真鍋 和幸(マトリックスパワータグ)
10位 初山 翔(宇都宮ブリッツェン)


【Jフェミニンツアー】
距離 46.8km(7.8km×6周回)

スタートして間もなく、森本朱美(スミタ・ラバネロ)がアタックし、一気に後続を15秒ほど引き離す。ペースを保ち順調に周回を重ねる森本から後続は徐々に遅れ、その差1分40秒に。森本のペースは最後まで落ちることなく、完全逃げ切りで堂々の優勝となった。
引き続きツアーリーダーは、橋本みどり(なるしまフレンド)となる。

1位 森本朱美(スミタ・ラバネロ)1時間22分36秒
2位 西加南子(LUMINARIA)+2分08秒
3位 星川恵利奈(湘南ベルマーレクラブ)+2分18秒

katou

Jプロツアー スタート

katou

6名が逃げ続ける

katou

Jプロツアー 表彰式

katou

ツアーリーダーは 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン)

katou

森本朱美(スミタ・ラバネロ)が逃げ切り圧勝

photo by Official Photographer Hideaki Takagi

 


【JBCF事務局からのお知らせ】


[COMMUNIQUE No.2:2011.09.07]

1.9/10(土)の試走については中止とする。

2.E3クラスタについては、参加者が多数のため2組に分けて時差スタートで実施する。組分けはレーサーリストを参照。なお、2組はヘルメットキャップを着用。

3.時間関門をスタート/フィニッシュ並びにコース最東部(コースマップD地点)の2箇所に設置する。関門通過猶予時間については監督会議で発表する。

4.当日は気温の上昇が予想されるので熱中症対策を各自で行うこと。

[COMMUNIQUE No.1:2011.08.29]

1.競技時程について、E3とE2を以下のように変更する。
 ・E3 スタート/09:00 最終ゴール/10:25
 ・E2 スタート/10:30 最終ゴール/11:55