MENU
RACE
協賛
関連団体

いわきクリテリウム


2010.10.2 - 3
2010全日本実業団クリテリウム in いわき

<開催概要>
●Japan Cycle Road Race Tour 第15戦 全日本実業団サイクルロードレース in いわき
●開 催 日   予選2010年10月2日(土) ・決勝10月3日(日)
●会場 福島県いわき市 いわき21世紀の森公園特設コース
 予選18.45Km(1.23km×15周) 決勝49.85km(1.43km×35周)
●大会概要WEBSITE  http://www.jbcf.jp/race/2010/iwaki/index.html
●全日本実業団自転車競技連盟  http://www.jbcf.jp/

【レース概要】
福島県いわき市「21世紀の森公園」 にて開催されたジャパンサイクルツアー第15戦は
シマノレーシングの鈴木真理が優勝を飾った。

21世紀の森公園は、スポーツとリクリエーションの場として利用される総合公園。
この公園内の敷地に特設されたサーキットコースで、Jサイクルツアー「いわきクリテリウム」が開催された。

大きな総合公園と言えロードレースを開催するには窮屈。
しかし今回行われたクリテリウムは、ショートサーキットを多く周回する形式のレース。
今回は1周僅か1.43km、ものの2分程で走りきる走路を35周回するレース形式だ。

約50KMとロードレースとしては距離が短いものの、その分集団は高速化。
コーナーの連続による減・加速や、集団内の激しい位置の取り合い、
テクニックを駆使しなければいけない状況が続き、選手の体にかかるストレスは凝縮されたものになる。

レースは、スタートからシマノレーシングのアタックの応酬で展開された。
他チームは、攻撃に出る場面もあるものの、シマノの止め処無い動きに防戦を強いられる。
しかし、宇都宮ブリツッエンや、マトリックスパワータグがシマノレーシングの強力な動きを意地で封じ込める。
シマノはチームとしての力は抜きん出ているが、集団スプリントになれば
ブリツッエンの辻選手やマトリックスの向川選手、チームブリヂストンアンカーの飯島選手にもチャンスがある。

そして、ついに勝負は集団スプリントにもつれ込んだ。
選手のもくろみを打ち砕いたのはこのレース過去3連覇中のシマノレーシングの鈴木真理選手。
ゴール前他を圧倒する鋭い伸びで、狙い通り4年連続の栄冠を手にした。
2位にはツアーリーダーの畑中選手(シマノ)3位には辻選手(ブリツッエン)が入った。


●優勝した鈴木真理選手(シマノレーシング)のコメント
「チームメートの走りが良く、安心して走ることが出来ました。
チームから勝者を出すことを考えていましたが、最後はスプリント勝負になり辻選手との勝負に備えました。
ゴール前でもチームの列に守られ、自分の力を出すことができました。4連勝できてとても嬉しいです。」

●3位の辻善光選手(宇都宮ブリッツェン)のコメント
「悔しいです。しかし、シマノレーシングの動きをチームメートが封じ、
予定通りスプリントに持ち込んでくれました。しかし最後は自分の力不足でした。
この悔しさは、チームの地元宇都宮で開催される、ジャパンカップのクリテリウムにぶつけたい。」

全日本実業団クリテリウム in いわき

集団内で勝利を狙う鈴木選手/2010.10.3 J-tour Iwaki photo by J-tour Official Photographer Hideaki Takagi

 

全日本実業団クリテリウム in いわき

強烈なアタックを繰り返し、集団を消耗させる阿部嵩之選手/2010.10.3 J-tour Iwaki photo by J-tour Official Photographer Hideaki Takagi

 

全日本実業団クリテリウム in いわき

スプリントを制し大会4連覇を達成した鈴木真理選手/2010.10.3 J-tour Iwaki photo by J-tour Official Photographer Hideaki Takagi

 

20101003 Jサイクルツアー15戦 全日本実業団クリテリウム in いわきTR決勝 結果
RANK NAME KANA 所属 TeamName FinishTime +Top MS km/h
1 鈴木 真理 スズキ シンリ JPCA シマノレーシング 1:15:33 00:00 39.74
2 畑中 勇介 ハタナカ ユウスケ 東京 シマノレーシング 1:15:33 00:00 39.74
3 辻 善光 ツジ ヨシミツ 京都 宇都宮ブリッツェン 1:15:33 00:00 39.74
4 鈴木 譲 スズキ ユズル 神奈川 シマノレーシング 1:15:34 00:00 39.73
5 村上 純平 ムラカミ ジュンペイ 山形 シマノレーシング 1:15:34 00:00 39.73
6 飯島 誠 イイジマ マコト JPCA チームブリヂストン・アンカー 1:15:34 00:00 39.73
7 小坂 光 コサカ ヒカル 長野 宇都宮ブリッツェン 1:15:34 00:00 39.73
8 栂尾 大知 トガオ タイチ 東京 パールイズミ・スミタ・ラバネロ 1:15:34 00:01 39.73
9 小室 雅成 コムロ マサナリ 埼玉 湘南ベルマーレ 1:15:35 00:01 39.72
10 小畑 郁 オバタ カオル 東京 なるしまフレンド レーシングチーム 八王子 1:15:35 00:01 39.72
11 向川 尚樹 ムカイガワ ナオキ 大阪 マトリックスパワータグ・コラテック 1:15:35 00:02 39.72
12 島田 真琴 シマダ マコト 東京 シマノレーシング 1:15:38 00:05 39.69
13 斉藤 祥太 サイトウ ショウタ 栃木 宇都宮ブリッツェン 1:15:40 00:06 39.68
14 金子 友也 カネコ トモヤ 東京 チームブリヂストン・アンカー 1:15:41 00:08 39.66
15 青柳 憲輝 アオヤナギ カズキ 栃木 オーベストディープラスデザイン 1:15:44 00:10 39.65
16 涌本 正樹 ワクモト マサキ 大阪 マトリックスパワータグ・コラテック 1:15:46 00:12 39.63
17 山下 貴宏 ヤマシタ タカヒロ 兵庫 マトリックスパワータグ・コラテック 1:15:48 00:14 39.61
18 阿部 嵩之 アベ タカユキ 北海道 シマノレーシング 1:15:48 00:15 39.61
19 佐藤 知紀 サトウ トモノリ 埼玉 湘南ベルマーレ 1:15:52 00:19 39.57
20 飯野 嘉則 イイノ ヨシノリ 東京 シマノレーシング 1:16:06 00:32 39.45
21 柿沼 章 カキヌマ アキラ 栃木 宇都宮ブリッツェン 1:16:08 00:34 39.44
22 椿 大志 ツバキ ヒロシ 東京 チームブリヂストン・アンカー 1:17:08 01:35 38.92
- 寺崎 武郎 テラサキ タケロウ 福井 チームブリヂストン・アンカー DNF    
- 澤田 賢匠 サワダ ケンショウ 京都 マトリックスパワータグ・コラテック DNF    
- 江本 泰輔 エモト タイスケ 東京 なるしまフレンド レーシングチーム 八王子 DNF    
- 伊藤 翔吾 イトウ ショウゴ 広島 MASSA-FOCUS-OUTDOOR PRODUCTS DNF    
- 小段 亮 コダン アキラ 長崎 パールイズミ・スミタ・ラバネロ DNF    
- 永山 貴浩 ナガヤマ タカヒロ 大阪 マトリックスパワータグ・コラテック DNF    
- 小牧 祐也 コマキ ユウヤ 大阪 マトリックスパワータグ・コラテック DNF    
- 山根 理史 ヤマネ マサフミ 島根 湘南ベルマーレ DNF    
- 中里 聡史 ナカザト サトシ 埼玉 MASSA-FOCUS-OUTDOOR PRODUCTS DNF    
- 大塚 潤 オオツカ ジュン 静岡 GRUPPO ACQUA TAMA DNF    
- 嶌田 義明 シマダ ヨシアキ 埼玉 チームブリヂストン・アンカー DNF    
- 若杉 厚仁 ワカスギ アツヒト 栃木 宇都宮ブリッツェン DNF    
- 真鍋 和幸 マナベ カズユキ 香川 マトリックスパワータグ・コラテック DNF    
- 伊藤 敦弘 イトウ アツヒロ 宮城 チバポンズかわぐち農園FIETS DNF    
- 中村 誠 ナカムラ マコト 栃木 宇都宮ブリッツェン DNF    
- 鎌田 圭介 カマタ ケイスケ 東京 パールイズミ・スミタ・ラバネロ DNF    
- 辻本 翔太 ツジモト ショウタ 千葉 パールイズミ・スミタ・ラバネロ DNF    
- 向山 浩司 ムコウヤマ コウジ 東京 GRUPPO ACQUA TAMA DNF    

【COMMUNIQUE No.1:2010.9.22】

 

下記の通り、参加人数が少数のため、予選の勝ち上がり人数を変更する。

【TR・BR-1・ER】
予選1:各組上位20名勝ち上がり→各組上位15名勝ち上がり
予選2:上位10名勝ち上がり(変更なし)

※決勝はTR:40名、BR-1:40名、ER:40名にて行う。