MENU
RACE
協賛
関連団体

石川ロードレース


2010.7.18
第9回全日本実業団サイクルロードレース in 石川
ジャパンサイクルロードレースツアー2010(Jサイクルツアー):第10戦
ジャパンチームグランプリ2010(Jグランプリ):第15戦
女子サイクルロードレース・ジャパンツアー2010(Jフェミニン):第15戦

見事1位2位を独占したチームニッポの2人

2010.7.18 J-tour Shirahama photo by J-tour Official Photographer Hideaki Takagi

 

Jサイクルツアー・レースリポート

 

Japan Cycle Road Race Tour 第10戦 全日本実業団サイクルロードレース in 石川

開催日:2010年7月18日(日)

会場&距離:福島県石川町・浅川町周回コース115.8km(13.6km×8周回+7km+パレード走行3km)

【レース概要】

 猛烈に照りつける日差しの中、福島県石川町にて開催されたジャパンサイクルツアー第10戦は、チームニッポの佐野淳哉が優勝を果たした。

 

序盤に逃げた有力選手

序盤に逃げた有力選手。後ろからは集団が追い上げる

 レースは石川町と浅川町をまたがる起伏の激しい丘陵地帯を周回する、全長115.8kmのコースで行われた。

 

 大きな鍵となるのは頻繁に現れる登り坂。そこを力強く走りぬく力がレースに勝つためには必要不可欠。更に、スピードの出る下りや角度のきついコーナーも連続し、総合的な力や技術も試されるコースだ。

 

 湿度が高く気温が上がり続ける過酷な状況の中、レースはスタートから激しく動いた。まずは5名の有力選手がレースをリードする。一時は後続集団と2分以上の差を広げたが、中盤に差し掛かったところで後続集団に捕まりレースは振り出しに戻る。その中から終盤飛び出したのが、現日本チャンピオンの宮澤崇史(チームニッポ)と平塚吉光(シマノレーシング)。そこに飯島誠(チームブリジストンン・アンカー)、佐野淳哉(チームニッポ)の2人が合流し、4人での優勝争いが濃厚になった。2人の選手を先頭集団に送り込み有利な展開に持ち込んだチームニッポは、最終回の登り坂で攻撃を仕掛け成功させる。最後は宮澤と佐野、2人でのランデブーとなり佐野が先着。圧倒的な強さを見せ、見事1位2位を独占した。

 

全日本実業団自転車競技連盟 広報委員


優勝した佐野淳哉選手(チームニッポ)のコメント

チームニッポの宮澤、佐野

最終周回、ライバルを置き去りにしたチームニッポの宮澤、佐野

「チーム全員でうまく連携を取れた事が、今日の勝利に繋がったと思います。シマノや愛三といった有力チームの動きに注意を払いながらのレースでした。最後は身体もギリギリの状態で苦しい展開でしたが、うまく抜け出しチームメートの宮澤さんに先着させていただきました。素晴らしい勝利を飾る事ができ、チームメートに感謝しています。」


 


【JBCF事務局からのお知らせ:2010.6.24】

大会要項「16 宿泊斡旋」の一覧表の一部を下記のように訂正いたします。

 

塩ノ沢温泉 しおや 新築中 → 8,000円~(営業中)
一般旅館 緑屋旅館 → 営業中止