MENU
RACE
【JBCF Road Series 2014】
南魚沼ロード 09.28 南魚沼ロード
経産大臣旗ロード 09.20-21 経産大臣旗ロード
舞洲クリテリウム 09.14 舞洲クリテリウム
TTチャンピオンシップ 09.07 TTチャンピオンシップ
みやだクリテリウム 08.31 みやだクリテリウム
湾岸クリテリウム 07.27 湾岸クリテリウム
石川ロードレース 07.20 石川ロードレース
乗鞍ヒルクライム 07.13 乗鞍ヒルクライム
東ロード修善寺 07.06 東ロード修善寺
西日本ロード広島 06.21-22 西ロード広島
富士山ヒルクライム 06.15 富士山ヒルクライム
栂池高原ヒルクライム 06.08 栂池高原ヒルクライム
3day's 熊野 05.30-06.01 3day's 熊野
ツールド熊野 05.29-06.01 ツールド熊野
比叡山ヒルクライム 05.25 比叡山ヒルクライム
大井ロードレース 05.25 大井ロードレース
堺クリテリウム 05.18 堺クリテリウム
きらら浜クリテリウム 05.04 きらら浜クリテリウム
群馬CSCロードDay-2 04.27 群馬CSCロード-2
群馬CSCロードDay-1 04.26 群馬CSCロード-1
白浜クリテリウム 04.20 白浜クリテリウム
タイムトライアル南紀白浜 04.19 タイムトライアル南紀白浜
伊吹山ヒルクライム 04.13 伊吹山ヒルクライム
舞洲クリテリウム 04.06 舞洲クリテリウム
宇都宮クリテリウム 03.23 宇都宮クリテリウム

【JBCF track Series 2014】
全日本トラック 11.16 全日本トラック
東日本トラック 08.10 東日本トラック NEW!
西日本トラック 05.11 西日本トラック

協賛
関連団体

JBCFについて

理事長ごあいさつ

photo

JBCFも新法人体制でスタートしてから3年が経過し、4年目となる今年は、昨年から政治体制も落ち着き、経済はアベノミックスが胎動、東京オリンピックが決定した相乗効果もあって上昇機運の中、我々も千載一遇のチャンスと捉え、正念場でもある本年、皆さんとともに、気を引き締め取り組んでまいります。


昨年末に発表いたしました活動方針に掲げております、広範囲な選手層を擁する連盟として、JPTは国内トップクラスタのシリーズ戦で、その価値を高め世界へ、五輪へ、多くのクラスタの方々が競い、互いに助け合いJBCFを通じて、自転車競技の楽しさ、美しさ、また厳しさを共有した強い絆で結ばれていくことを期待しています。


活動としては、これからの連盟を担う、ジュニア、ユースの強化育成に、JBCFとしてYシリーズの充実、高校生の加盟、欧州派遣などの実戦強化を企図し、また女子チーム活性化への配慮、エリートはJPTへの登竜門としてクラスタトップを狙う人から、レースを楽しむマスタークラスの方々まで、JCFの登録選手の38%を占める連盟として、各大会では安全な運営と国際的にも認められる開催を標榜していきます。


大会開催は毎年増化傾向ですが、内容をロードレースではその名に相応しい公道使用の大会を、難しくとも安きに流されぬよう取り組んでいきます。


トラックレースもJBCFでは五輪種目として尊重しロード選手も参加しやすい環境づくり、またJFCヒルクライムシリーズは次のステップの登録リザーバーとして、また検車とメンテナンスの定着にも取り組んでまいります。


選手、チームの皆様方から、より信頼される連盟として邁進してまいりますので、2014年シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。


平成26年春


一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)
理事長 斧 隆夫


◆斧 隆夫(おの たかお) プロフィール


1943年 大阪市浪速区に生まれる。
1959年 自転車競技を始める。
1960年 全日本選手権 琵琶湖一周ロードレース、高校生で6位入賞、頭角を表す。
1965年 ナショナル自転車工業(株)現パナソニックサイクルテック(株)に入社。
      「ナショナル自転車競技部」創立。
 同 年 アジア自転車競技選手権大会(フィリピン)ロード 金・銀。
1966年 アジア大会 チームパーシュート、ロード 金 2個。
1967年 世界選手権、メキシコプレオリンピック参加。日本新記録。
      全日本自転車選手権 ロード 優勝。
      ヨーロッパ転戦。ドイツ、イタリア、 ロード2勝。
1969年 世界選手権参加。
1970年 アジア大会 団体、個人ロード 金・銀 各1個。
1971年 国民体育大会 個人 ロード 優勝。
1973年 全日本チームのコーチ及びメカニシャン等歴任。
      ●オリンピックコーチ 4回 
       1976年 モントリオール大会 長 義和 初の6位入賞。
       1996年 アトランタ大会 プロアマ合同 十文字貴文 3位銅メダル。
      ●世界選手権大会コーチ 8回。
      ●アジア大会コーチ 3回。

 

パナソニックサイクルテック(株)に入社後、品質管理を皮切りに製造畑の各部門を担当。
フルオーダーフレームの創設、後のPOSに繋がる。
世界初のパルスウェルド工法の導入、
自転車フレームロー付けライン(フリーフローコンベアー)等、新工法開発導入多し。
クロモリフレームラインの創設。
1980年、オーダーフレーム治具で「科学技術長官賞」受賞。
フレーム製造課長、POS製造課長、技術審査室長。
1988年より、ヨーロッパレーシングチーム(パナソニックチーム)プロジェクト担当。
1990年より、3年間供給 世界記録、世界選優勝。ツールドフランス ステージ優勝など、年間40~50勝す。
商品開発部長、取締役、常務、専務を経て、特命担当総括顧問を最後に2010年パナソニックサイクルテック退任後、
一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟理事長に就任。
公益財団法人日本自転車競技連盟常務理事。